ロードバイクの情報を発信しています!

マッティオ・トレンティンがチャリティーに出品するアンチCOVID-19のSidi shoesを発表

海外情報
photo mjhiblenart instagram
この記事は約6分で読めます。

マッティオ・トレンティン(CCC Team)は、レースが再開される際に使用する、特別に装飾されたアンチCOVID-19シューズを発表した。

Sidi shoesには、ファンタジー・アーティストのMjhiblenartがデザインした巨大なCOVID-19コロナウイルス分子に立ち向かう医療従事者のイメージが描かれている。

トレンティンによると、このシューズは2020年シーズン終了時に「Regala un sogno」というチャリティーオークションに出品されるという。

 

スポンサーリンク

コロナウイルスと戦う医療従事者をデザイン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vi presento le mie nuove @sidisport_official Shot che utilizzeró per questa ultima parte di stagione. Il disegno di @mjhiblenart mi ha subito colpito per il messaggio che voleva trasmettere : il virus è forte ma noi non ci facciamo intimidire. È anche un ringraziamento a tutti i nostri operatori sanitari che hanno combattuto in prima linea contro questo nuovo nemico. Non vedo l’ora di poterle usare in gara e , a fine stagione , potranno essere vostre grazie all’asta benefica di regalaunsogno.org •• I present to you my new @sidisport_official Shot that I will use for this last part of the season. @Mjhiblenart’s design immediately struck me for the message he wanted to convey: the virus is strong but we are not intimidated. It is also a thank you to all our health workers who fought on the front lines against this new enemy. I can’t wait to be able to use them in the race and, at the end of the season, they can be yours thanks to the charity auction of regalaunsogno.org 📸 : @claudiamorandini #wearestrongerthanyou #sidi #shot #cycling #shoes

matteotrentin(@matteotrentin)がシェアした投稿 –

 

シーズン終盤戦で使用する私の新しい@sidisport_official Shotを紹介します。Mjhiblenartさんのデザインには、彼が伝えたいメッセージが詰まっている。

ウイルスは強いが、私たちは威嚇されていない。この新しい敵と最前線で戦ってくれたすべての医療ワーカーへの感謝の気持ちも込められている。

レースで使えるようになるのが待ち遠しいし、シーズン終了時には、regalaunsogno.orgのチャリティーオークションのおかげで、あなたのものになるかもしれません。

 

シューズを拡大してみると

photo matteotrentin instagrma

巨大なウイルスに立ち向かう看護師の姿が描かれている。マッティオ・トレンティンはこのデザインに大きく心を打たれたそうだ。

 

photo mjhiblenart instagram

それ以外にも、様々なイメージで描かれている作品がインスタグラムで発表されている。こんな作品のデザインが出来るのは素晴らしいと思う。

 

photo matteotrentin instagrma

トレンティンは2020年に向けてミッチェルトン・スコットからCCCチームに加入し、最後のレースは2月29日のオムループ・ヘット・ニュースブラッドで行われた。

彼はCOVID-19のロックダウンを若い家族と共にモナコで過ごしたが、現在は再スケジュールされた2020年シーズンに向けてトレーニングを再開している。

トレンティンはツール・ド・フランスと石畳のクラシックに出場し、グレッグ・ファン・アーベルマートとチームのリーダーシップを共有する。

トレンティンはチームの存続のために自分の役割を果たすことを決意している。トレンティンは2021年までの契約を結んでいるが、自分の将来のために走っていることも知っている。

 

スポンサーの件が出てきたときは雷に打たれたようなものだったが、チームは懸命に続けようとしているし、彼らは続けたいと言ってくれた。

コロナウイルスの経済的な側面に巻き込まれてしまったので、状況は少し悲しいものになっている。パンデミックは、経済的な観点からサイクリングが抱えるすべての問題を露呈させてしまった。

チームとしてはスポンサーに頼っているし、スポンサーはヨーロッパ中に何千ものショップを持っているし、それらのショップが閉鎖を余儀なくされたときにも、まだ救わなければならない会社もある。

今はレースに集中している。なぜなら、それが私が報酬をもらっていることであり、私が好きなことだからだ。

 

CCCがスポンサーを続けることはない。チームは現在6つのスポンサーと協議しており、いずれはメインスポンサーも決まるだろう。

昨年の世界選手権でイタリアチームのエースとして2位になったことは本人も悔しい思いを抱いているはずだ。マッティオ・トレンティンの活躍も彼の将来とチームの為に必要なことだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました