ロードバイクの情報を発信しています!

Trek-Segafredoのキール・レイネンがグラベルライダーに転身

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

Trek-Segafredoのキール・レイネンが2022年からグラベルライダーに転身することを明らかにした。

これまでも、Trek-Segafredoからは、ピーター・ステティーナがグラベルレーサーに転身している。

今年のブエルタも走っていたが、落車の影響で第15ステージでリタイヤしている。長髪が目立つワイルドなライダーだ。

 

スポンサーリンク

新たなサイクリングに挑戦

 

キール・レイネンは、UnitedHealthcareチームから、2016年にTrek – Segafredoに移籍。

2013年と2014年のフィラデルフィアサイクリングクラシックで連続優勝し、USAプロチャレンジとツアーオブユタでそれぞれ2つのステージを獲得。

プロ通算では5勝を上げているライダーだ。チームでは、クラシックのアシスト、ブエルタには4回出場しており、35歳となったベテランライダーでもある。

引退レースは、ブエルタではなくて、フランスとベルギーでワンデーレースに乗る予定だ。

 

 

ブエルタでは2度のクラッシュで、走れなくなり靴下だけで、歩いてゴールを目指していた。

キール・レイネンは、2021年シーズンのロードシーズンの終わりに続いて、彼はオフロードイベントを彼の主な焦点にする。

久しぶりにまた結果を出せるようになるので、グラベルレースにワクワクする部分がある。そして、特に私の年齢では、別のレベルにステップアップするか、少しだけハードにトレーニングし、自分自身をもう少し鍛えて、余分な犠牲を払う必要があると思う。

私は砂利を交換したり、グラベルレースでスタンプを押したりするためだけに始めるのではない。

私はただそれについて熱心になり、他の人々にそれについて夢中にさせたいと思っている。一日の終わりに、より多くの人を自転車に乗せること考えることは前向きであり、プロのグラベルライダーになる理由だ。

私はどんなバージョンのバイクでもプロだ。なぜなら、外に出てそれを体験する人が多ければ多いほど良いからだ。

 

過去2回、アンバウンドグラベルをレースしており、来年からは本格参戦となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました