ロードバイクの情報を発信しています!

チームイネオスのジャンニ・モスコンはツール・ド・フランスを目指す

https://twitter.com/TeamINEOS 海外情報
この記事は約4分で読めます。

UAEツアーで落車してから、調子の上がらなかったジャンニ・モスコンはジロ・デ・イタリアをスキップした。

本当ならば、今頃はエガン・ベルナルとエースとして走っていたはずなのに。

そのジャンニ・モスコンですがカリフォルニアツアーに出場しています。

しかも、調子よさげです。

 

スポンサーリンク

カリフォルニアツアー

2006年から開催されており、北アメリカで行われる最大のレース。

キング・オブ・カリフォルニアのサガンが16勝もあげているレース。

 

これまでの優勝者は

  • 2013年:ティージェイ・ヴァンガーデレン
  • 2014年:ブラッドリー・ウィギンス
  • 2015年:ペテル・サガン
  • 2016年:ジュリアン・アラフィリップ
  • 2017年:ジョージ・ベネット
  • 2018年:エガン・ベルナル

総合系の選手というよりは、パンチャーとか若手の活躍の場ともなっている。

 

今年は、毎年ある個人タイムトライヤルがないので勝負を決めるレースとなるのは山岳のあるコースとなりそう。

  1. 第1ステージ サクラメント~サクラメント 143km(平坦)
  2. 第2ステージ ランチョ・コルドバ~サウスレイクタホ 194.5km(山岳)
  3. 第3ステージ ストックトン~モーガンヒル 207km(丘陵)
  4. 第4ステージ ラグナ・セカ~モロ・ベイ 212.5km(丘陵)
  5. 第5ステージ ピズモ・ビーチ~ベンチュラ 218.5km(丘陵)
  6. 第6ステージ オンタリオ~マウント・バルディ 127.5km(山岳)
  7. 第7ステージ サンタ・クラリタ~パサデナ 141km(平坦)

第1ステージはサガンが見事にスプリト勝負を決めてカリフォルニアツアー17勝目をあげている。

 

そして、第2ステージは

コースマップを見てわかるように、標高2000m超えのサウスレイクタホを目指すコースとなっている。

 

ここでチームワークを見せたチームイネオスは逃げにルーク・ロウを送り込んだ。写真では後ろから2番目。

 

チームイネオスのメンバーは

チームイネオスのカリフォルニアツアーのメンバーは7人。

  • レオナルド・パッソ26歳 スプリンター
  • ダビ・デラクラス30歳 クライマー
  • オウィン・ドゥール26歳 ルーラー
  • クリストファー・ハルヴォルソン23歳 スプリンター
  • ジャンニ・モスコン25歳 オールラウンダー
  • ディエゴ・ローザ30歳 クライマー
  • ルーク・ロウ29歳 ルーラー

 

ダビ・デラクラスのアシストを受けたシャンニ・モスコンは、

  • カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)
  • ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、EFエデュケーションファースト)
  • タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

彼ら4人との逃げから最後のゴールスプリント。

アスグリーンがプロ初勝利をあげるなか、ジャンニ・モスコンは6秒遅れの3位でゴールした。

これでジャンニ・モスコンは総合で第2位に浮上。良い形でこれからのステージを戦うことになった。

ジャンニ・モスコンは

「とても良い感じで最後の逃げグループにはいれた。これは今後のレースのために特別な後押しをするであろうレースの素晴らしい結果となりそうだ。
調子はいいけれども、最高ではない。Giro d’Italiaをスキップしてここに来た。ここで、いいレースをして、ツール・ド・フランスに備えるさ」
 
ツール・ド・フランスのための、トレーニングレースとするようです。
 
総合を決めるレースは第6ステージとなりそうです。

第6ステージ

登りと下りしかないレースで、ここで総合が決まってくるクイーンステージです。

最高の状態ではないけれども、調子の良いジャンニ・モスコン。もし、ジロに出ていたらどうなっていたのでしょうか?

ツール・ド・フランスにはフルームやトーマスのアシストとして参加するようになると思いますが、山岳で良いアシストが出来そうです。

2019 Stage 2 Highlights – Presented by Visit California

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました