ロードバイクの情報を発信しています!

トム・ビドコックは鎖骨が5個に砕けていたのに腕立てしてるぞ

海外情報
Photo by Ayo Ogunseinde on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

スピード違反の車に横から跳ね飛ばされてしまった、イネオスのトム・ピドコック。

手術して4日目には外乗りをすると言っていた。

今度は、本当に外乗りをしている姿をSNSに投稿。

しかも、なんと腕立て伏せもしているとは~。

 

スポンサーリンク

鎖骨が5つに粉砕

こちらのインスタグラムの中に腕立て伏せしている動画も入っている。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ᵀᴼᴹ ᴾᴵᴰᶜᴼᶜᴷ(@tompidcock)がシェアした投稿

 

それにしても、綺麗なダンシングですね。私はまともにダンシング出来ないから羨ましい!

外乗りは良いとしても腕立て伏せも出来るとは~。

鎖骨骨折しても、手術をしたら全く痛くないのかな。私も鎖骨骨折したことあるけど、ずっとクラビカルバンドで固定されていた。

まあ、この時には鎖骨以外も折れてたから仕方ないのだけど(^^;

 

トム・ピドコックは

6日前、私の鎖骨は5つに分かれていましたが、今日はこれが可能になりました。

人間の体ってすごいですよね!そして、それを元通りに直した人の手の入れ方が安定しています。🙌🙌

このゲイントレインは駅を出発しました! 😂 #roadtotokyo #gaintrai

 

トム・ピドコックはオリンビックではMTBで出場する予定。まだ決定はしてないけど、ワールドカップで優勝して出られないということはちょっと考えにくい。

ただ、英国は出場枠がこれまで取れてないので、そこが心配。

 

ちなみに、英国のオリンピックロード候補は

  • ゲラント・トーマス
  • アダム・イェーツ
  • サイモン・イェーツ
  • テイオ・ゲイガンハート

最終選考の発表は、6月の第3週とのこと。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました