ロードバイクの情報を発信しています!

ビアンキから2021年モデルの軽量オールラウンドバイクBianchi Specialissima登場

機材情報
photo bianchi.com
この記事は約4分で読めます。

ビアンキから2021モデルのBianchi Specialissimaが登場。

すでにSpecialissimaは海外サイトでは販売されていたけれども、ようやく正式に発表となった。

 

2015年に発売されたSpecialissimaは、丸いチューブとリムブレーキバイクで軽量クライミングバイクだった。

2021年モデルではエアロ形状なフレームとケーブル内装となり、クライミングのみならずオールラウンドとして活躍出来るバイクに仕上がっている。

 

スポンサーリンク

Bianchi Specialissima

SPECIALISSIMA – The Power of Lightweight

 

2021 Belatti Specialissima
特徴
  • フレーム重量は750g(55 cm、塗装済み)と軽量。フォークは370g
  • 振動を減衰させるBianchiのCounterVail(CV)テクノロジーも保持
  • ディスクブレーキモデルのみ
  • ケーブル内装
  • 統合されたシートポストクランプ
  • 機械式・電動の両方に対応
  • タイヤクリアランス28mm

 

ビアンキは、エアロチューブプロファイルでフレームを更新し、Specialissimaはディスクブレーキのみになった。

フレームのカーボンレイアップには、BianchiのCountervail振動減衰技術が組み込まれている。

 

photo bianchi.com

ダウンチューブに未使用のケーブルポートがいくつかあることがわかる。これは、必要に応じてACR内部ケーブルルーティングシステムを使用する必要がないことを示している。

FSA ACRシステムにより、Specialissimaは電動または機械シフトのどちらでもセットアップ可能。

 

photo bianchi.com

ディスクブレーキへの切り替えに伴い、タイヤクリアランスは28mmに増加。

 

photo bianchi.com

新しいSpecialissimaは3色で利用可能になる。

もちろん、ビアンキの象徴的なチェレステ(イタリア語:Celeste、碧空、天空)カラーに、緑がかった青、黒い塗装だと80gフレーム重量が軽くなる。

イタリアの芸術的な虹色とホログラフィック要素をフレームにもたらすことを目的とした「シグネチャーコレクション」というシステムもあり、5つの異なるカラーも選択可能となっている。

 

photo bianchi.com

Mitchelton-Scottは来シーズン、Scottからビアンキに乗り換える。多分、上のブラック塗装のバイクに乗るのではないだろうか。

 

 

Bianchi Specialissima Super Record EPS spec

photo bianchi.com

  • フレーム: Specialissimaディスクカーボン
  • グループセット: Campagnolo Super Record EPS12スピード
  • ギア: 50 / 34、11-29t
  • ブレーキ: Campagnolo SuperRecord油圧ディスク
  • ホイール:フルクラムウィンド400 DB
  • タイヤ: Vittoria Corsa G2.0 25mm
  • バー: FSAK-Forceカーボン
  • ステム: FSA NSACRアロイ
  • シートポスト: FSA K-Force Light27.2mmカーボン
  • サドル: Fizik Argo VentoR1カーボンレール

 

Specialissimaにはフレームセット販売もある。

完成車には、Shimano Ultegraメカニカル製品から始まり、Campagnolo Super RecordEPS、Shimano Dura-Ace Di2、Shimano Ultegra Di2、SRAM Red AXSeTapのモデルも用意されている。

価格にはついては、まだ情報がない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました