ロードバイクの情報を発信しています!

2番目に少ない予算で、2番目に多い勝利数を獲得したJumbo-Visma

海外情報
Photo teamjumbovisma.com
この記事は約3分で読めます。

Taem-Jumbo-Vismaは、今シーズン51勝をあげてUCIチームランキングでもDeceuninck -Quick Step、BORA – HANSGROHEについで3位と躍進した。

2018年チームランキング10位からの素晴らしいジャンプアップを果たしている。

これは、プリモシュ・ログリッチの活躍があったからにほかならない。

さぞかし、予算も潤沢にあったのだろうと思っていたが、Taem-Jumbo-Vismaの予算はワールドツアーチームの中で17番目。とても少ない予算の中でこれだけの勝利を勝ち取ったのだ。

 

スポンサーリンク

お金だけが全てではない

Photo JumboVismaRoad twitter

すべてのワールドツアーチームは、年初にUCIから全てのチームの予算を記載した文章を受け取る。Jumbo-VismaのスポーツディレクターMerijn Zeemanは、今年はワールドチームで2番目に低い予算だった、と説明する。

それにもかかわらず、チームは50以上の勝利を収めることが出来た。

これについてMerijn Zeemanは、

私達は組織がスリムであるためコストを削減することが出来る。選手は素晴らしい契約を結んでいるが、彼らは豊かなチームで得られるよりも少ないサラリーなんだ。

マネーパワーだけが成績を左右するのではなく、どこで走るかも重要だというのだ。

今年契約したワウト・ファンアールトはもっと高いサラリーを貰えるところで契約出来たはずだ。プリモシュ・ログリッチも今年の活躍から、いくらでも移籍先はあった。

ディラン・フルーネヴェーヘンにしてもそうだ。15勝もあげたスプリンターならばもっと良いサラリーを支払ってくれるチームがあるはずだ。

 

ディラン・フルーネヴェーヘン Photo GroenewegenD twitter

チームの予算は限られている。そのために常にレースを選択しなければならない。特にアルデンヌクラシックでは、Jumbo-Vismaは昨年も脚光を浴びていない。

その期間中はジロに完全に集中していたからだ。2020年シーズンもエースなしでアムステルゴールドを走ることを予定している。

これもジロに優秀なライダーを集結させるためだ。

来シーズンは、予算が増加するがワールドツアーの予算ランキングでは8位程度に留まることになる。

Taem-Jumbo-VismaのスポンサーであるJumboは、スーパーマーケットチェーン。Vismaは、ビジネス、管理、および政府システムを専門とするノルウェーのソフトウェア会社。

これに、さらにHEMA(デパートチェーン)ともスポンサー契約を結ぼうとしている。

来シーズンには、Sumwebからトム・デュムランも移籍してくる。予算の少ないチームで予算の潤沢なチームにグランツールに勝ってしまうかもしれない。

これほど痛快なことはないだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました