ロードバイクの情報を発信しています!

Team Jumbo-Vismaは、ステフェン・クライスヴァイク、ロベルト・ヘーシング、ヨス・ファンエムデンと契約延長

海外情報
photo Team Jumbo-Visma
この記事は約3分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、ツール・ド・フランスで活躍する主力3選手の契約延長を発表している。

今回契約延長したのは、ステフェン・クライスヴァイク、ロベルト・ヘーシング、ヨス・ファンエムデンの3選手だ。

ヨス・ファンエムデンは現在36歳だが、2年の契約延長で38歳まで走ることになる。

 

スポンサーリンク

ステフェン・クライスヴァイク

ステフェン・クライスヴァイクは、2010年からチームに所属。2019年にはツール・ド・フランス総合3位。

2020年はクリテリウム・デュ・ドーフィネでクラッシュし、ツールには不出場。ジロではコロナ陽性でチームは撤退と良いことがないシーズンだった。

今年は復活の年だが、トム・デュムランが休止していることにより、ジロ出場から再びツール出場となる。

予定ではブエルタも出場することになっており、ここではセップ・クスと共同リーダーとなるかもしれない。

現在33歳だから、2年契約延長で35歳までチームで走ることになる。

 

ロベルト・ヘーシング

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Robert Gesink(@robertgesink)がシェアした投稿

 

ロベルト・ヘーシングは2007年からチームに在籍。チームがRabobank ProTeamと呼ばれていたことからずっとチームにいる主力選手だ。

34歳だから、あと2年走って36歳までチームに在籍することになる。2016年にはブエルタ・ア・エスパーニャの山岳ステージで優勝しており、GPケベック、GPモントリオール、ジロデッレミリアなどのクラシックでも勝利を上げている。

山岳では、アシストとしてチームに貢献し続けるはずだ。

 

ヨス・ファンエムデン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jos van Emden(@josvanemden)がシェアした投稿

 

TTスペシャリストであり、オランダ選手権TTでは2010年、2019年の2回優勝している。2017年ジロ・デ・イタリアの最終タイムトライヤルでも優勝している。

この時には、トム・デュムランよりも15秒も速くゴールしているのだから凄いことだ。

プリモッシュ・ログリッチとワウト・ファンアールトを献身的にアシストしている。彼ら二人をこれまで乗った最高のリーダーだと言っている。あと2年38歳まで走り続ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました