ロードバイクの情報を発信しています!

SRAMはパワーメーター搭載のプロ仕様特大チェーンリングを発表

機材情報
photo sram
この記事は約2分で読めます。

2019年ツール・ド・フランスではリッチー・ボートが53Tの特大のチェーンリングをすでに使用していた。

さらに、2020年のツアー・ダウンアンダーでは、TREK-SEGAFREDOのメンバーが54Tのフロントチェーンリングを使用していた。

これらはプロ用のニーズとして開発されていたが、UCIの規則ではプロが使用しているものは、全て一般販売される必要がある。

このためSRAMは、3つの新しいRed eTap AXS12スピードダブルチェーンリングサイズをラインナップに追加した。

 

スポンサーリンク

3つのサイズ

photo sram

 

これまでのオリジナルサイズは

  • 46 / 33T
  • 48 / 35T
  • 50 / 37T

追加されたサイズは

  • 52 / 39T
  • 54 / 41T
  • 56 / 43T

新しい組み合わせは、OEMではなくアフターマーケット向けにのみ提供され、統合されたQuarqパワーメータースパイダーと共にのみ販売される。

ただ、チェーリングが大きくなっているので、デュアルマウントSRAM RED eTapAXSフロントディレイラーが必要となる。

 

SRAM RED eTap AXS SPEC

  • サイズ:56/43T、54/41T、52/39T
  • 重量:324g (56/43T)、292g (52/39T)
  • チェーンリング素材 :  アルミニウム
  • ハブ間隔の互換性 : 標準142mm
  • 対応クランクアーム:Red eTap AXS / Force eTap AXS / QUARQ DUB Carbon crank
  • 測定精度:±1.5%
  • バッテリー:CR2032|200時間
  • 送受信:Bluetooth LE / ANT+
  • 付属品:Red eTap AXS 2 position Front Derailleur(バッテリー別売)
  • カラー:POLAR GREY
  • 価格:188,200円

まあ、レース当日に手軽に交換したりすることの出来ない物なので、やはりプロ仕様ですね。

ただ、52×39Tでも良い人には最初からの選択としてありかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました