ロードバイクの情報を発信しています!

ウイルコ・ゲルデルマンは2023ジロでプリモッシュ・ログリッチのアシストとなることに対してどう考えている?

海外情報
Photo credit: Rob Schleiffert on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

ウイルコ・ケルデルマンは、2023年シーズンからJumbo-Vismaに復帰する。

Team Sunwebで4年間、BORA-hansgroheで2年間過ごした後、2012年に彼をプロに導いたチームとの仕事をする。

2023年シーズン、彼は何よりもまずジロ・デ・イタリアに焦点を当てている。しかし、リーダーとしてではなく、スーパーアシストとして。彼はその理由を説明している。

 

スポンサーリンク

チームに戻る理由とは

 

ウイルコ・ケルデルマンは、BORA-hansgroheでリーダーの役割を続けることは十分出来たはずだ。

  • 2020 ジロ・デ・イタリア 総合3位
  • 2021 ツール・ド・フランス 総合5位

十分にエースとしての働きは出来るライダーなのだけど。

 

リーダーの役割をやめるという判断は、印象的なものです。BORA-hansgroheでも、他のチームでもその役割を果たすことができたはずですが?

どのチームでなら自分の力を最大限に発揮できるのかということを常に考えている。Jumbo-Vismaはすべてを備えている。栄養面でも、トレーニング面でも、素材面でも、あらゆる面で。

このチームで、最高のウィルコ・ケルデルマンを見せることができる。それは、ライダーとして非常に刺激になる。一生懸命トレーニングして、頑張ろうという気持ちにさせてくれる。ここで働く人たちは、みんな同じような姿勢で仕事をしている。私にとっては、それが決定的だった。

 

プロキャリアを始めたチームに戻ることになりますね。

6年前、私がここを去るとき、「Jumbo-Vismaでの仕事はまだ終わっていない」という思いがあった。まだここで全てを出し切ったわけではないんだ。

それは、まだ若かったからこそ、相当なプレッシャーがあったと思う。確かに、私の側からの協力は素晴らしいものとは言えなかった。コミニケションがうまくいかず、思うように走れない。だが、長い間、私は他のチームで多くのことを学んできた。

今はもっと大人になっている。戻ってこれてうれしい。家族のような感じだし、またオランダのチームにいるのが好きなんだ。

 

ジロ・デ・イタリアに向けて

 

チーム最高のオランダ人選手として、リーダーとしてジロ・デ・イタリアに臨むことは予想されたことでした。だけど、プリモッシュ・ログリッチのアシストとして戻るんですよね。

意識的な選択だ。ジロは、いつも私のお気に入りだ。いいラウンドができたと思うし、チームも僕を必要としてくれている。だから、その選択は簡単だった。

役割分担も明確だ。プリモシュはブエルタ・ア・エスパーニャで3回優勝し、ツール・ド・フランスとジロで表彰台に立っている。彼はジロ・デ・イタリアで優勝することができる。それが本当にチームの主な目標であり、そのためにチームは強力なんだ。

 

自分がリーダーとなることはないのですか?

本当に本当にうまくいけば、表彰台に乗れるだろう。一度だけ何とかしたことがある。私たちは最高のものを目指しており、そのためにプリモシュはトップライダーなんだ。

僕にとっては、必ずしもトップ10に入ることが重要なわけではない。それは、私が本当に欲しいものではない。もちろん、できるだけ長い間、ランキング上位にいるように心がける。

一人よりも二人の方がいい。しかし、目標はプリモシュを総合優勝に導くこと。ジロのコースは美しく、とても難しい。タイムトライアルが多いコースだが、最後の1週間はとてもタフなコースだ。

 

リーダーではないのならば、プレッシャーからは解放される?

いや、もう気にしないから。自分でできることしか影響しない。それに、自分自身のチャンスも得られる。2月には、ティレーノ・アドリアテッコとブエルタ・ア・カタルーニャに向けて、3週間の高地トレーニングキャンプに出かける。

そこで私はJumbo-Vismaのリーダーとして活躍することになる。特にこれらはメインの賞品であり、準備レースではないので、うれしいですね。カタルーニャの後、新しい高度のステージを経由してジロに行く。

 

ウイルコ・ケルデルマンは、ジロ、そしてブエルタにも出場予定。いずれもプリモッシュ・ログリッチのスーパーアシストとして出場することになるだろう。

プリモッシュ・ログリッチにとっては、強力なアシストだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました