ロードバイクの情報を発信しています!

スーパープレスティージュ2022-2023第7戦ディーヘム 泥のコースを制したのは?

海外情報
Photo credit: hans905 on VisualHunt.com
この記事は約15分で読めます。

2017-2018から始まったベルギーのディーヘムのシクロクロス。

現在のスーパープレスティージュのランキングは

女子エリート第6戦ディーゲム後

  1. セイリン・アラマバード 80ポイント
  2. インゲ・ファンデルヘイデン 77ポイント
  3. デニス・ベッセマ 76ポイント
  4. アニック・ファンアルフェン 62ポイント
  5. マリオン・ノルベルト・リベロール 50ポイント

 

男子エリート第6戦ディーゲム後

  1. ラース・ファンデルハール 78ポイント
  2. マイケル・ファントーレンハウト 71ポイント
  3. エリ・イーゼルビット 69ポイント
  4. ローレンス・スウィーク 69ポイント
  5. トム・ピドコック 50ポイント

 

スポンサーリンク

第7戦ディーヘム

コースマップ photo jcyclocrossmerksplas

 

コース全長は2600メートル。多少の変更はあるものの、コースは2022年とほぼ同じ。ループがあちこちに移動され、バーはラウンドの少し後ろに移動している。

公園内のコースだが、降雨により昨年ほどではないけど泥区間が多数ある。

 

女子エリート

 

ヤング3の出場はなし。

 

ファーストコーナーはゾーイ・バックステッド。ジュニアチャンピオンだ。

 

ゾーイ・バックステッドに対抗するのは、セイリン・アラマバード。

 

ゾーイ・バックステッド、セイリン・アラマバード、デニス・ベッセマと続く。

 

おっと、洗濯板でマノン・バッカーが落車。

 

ここで先頭交代。

 

デニス・ベッセマが先頭に。

 

再び、ゾーイ・バックステッドが前に出る。泥区間も速い。

 

18歳のゾーイ・バックステッドがトップを走る。

 

いい感じでゾーイ・バックステッドがトップを快走。

 

2周目

ゾーイ・バックステッドがリードして2周目に。

 

4番手はインゲ・ファンデルヘイデン。その後ろにサンヌ・カント。

 

ゾーイ・バックステッドがバイク交換した時に、セイリン・アラマバードがトップに。

 

サンドボックスでゾーイ・バックステッドがバランスを崩す。

 

足をついてしまい、ここでセイリン・アラマバードがリード。

 

2位グループが3人に。

 

セイリン・アラマバードは、すでに大きくリード。

 

3周目

すでに大きな差がついている。

 

インゲ・ファンデルヘイデンが3位に上がる。

 

インゲ・ファンデルヘイデンが2位に上がる。

 

ゾーイ・バックステッドは積極的だ。

 

ゾーイ・バックステッドは表彰台に食い込めるか。

 

4周目

ゾーイ・バックステッドは、ジェルを補給している。インゲ・ファンデルヘイデンは、サングラスを投げた。

 

セイリン・アラマバードの独走は続く。

 

ゾーイ・バックステッドは、泥区間は速いけど、サンドボックスとバイク交換が苦手のようだ。

 

サンドボックスで差をつけたインゲ・ファンデルヘイデンがリードをキープ。

 

ゾーイ・バックステッドが泥で足を取られて、デニス・ベッセマに追いつかれる。

 

ゾーイ・バックステッドは表彰台をかけてデニス・ベッセマと勝負だ。

 

5周目

インゲ・ファンデルヘイデンが少しリードを広げている。

 

デニス・ベッセマがゾーイ・バックステッドを引き離して、インゲ・ファンデルヘイデンに迫る。

 

サンドボックスで二人共足をついてしまう。

 

デニス・ベッセマがインゲ・ファンデルヘイデンに追いつき背後につく。

 

6周目

38秒遅れでデニス・ベッセマとインゲ・ファンデルヘイデンが通過。ゾーイ・バックステッドは、さらに8秒遅れている。

 

インゲ・ファンデルヘイデンが一気にペースを上げる。

 

セイリン・アラマバードは、腰を伸ばしている。昨シーズン痛めた腰痛があるのかもしれない。

 

インゲ・ファンデルヘイデンがデニス・ベッセマを引き離した。

 

インゲ・ファンデルヘイデンが泥で足を取られる。ここでデニス・ベッセマが追いつくのだけど、担ぎのインゲ・ファンデルヘイデンも速い。

 

あと少しが追いつかないか。調子を落としているデニス・ベッセマは調整方法を変えたというけれど効果は出ているのだろうか。

 

7周目

セイリン・アラマバードは、またストレッチ。かなり腰に痛みが出ているのでは。

 

インゲ・ファンデルヘイデンはデニス・ベッセマを完全に引き離した。

 

インゲ・ファンデルヘイデンは、泥区間を最初から担いでクリアー。

 

セイリン・アラマバードは、リードを守り切って勝利!

今シーズンの4勝目。シリーズリーダーの座も守った。

 

2位は、インゲ・ファンデルヘイデン。デニス・ベッセマとの対決に勝利だ。

 

3位は調子を落としているデニス・ベッセマ。

 

リザルト

セイリン・アラマバードのコメント

10秒、15秒の差があったのに、ちょっとしたミスでその差はあっという間になくなってしまった。20秒を超えているのを確認したときは、一時しのぎができた。最後の2周は少し落ち着いていた。

ランキングで首位を固めましたね。

ナンバー2との差は4ポイントになりました。これは来週にむけて後押ししてくれる。誰がスタート地点に立とうとも、勝つことはとてもいいことなのです。やはり自分でやるしかない。今日、うまくいったのはとてもうれしい。

RnkRiderTeamCompetition
points
Time
1
 ALVARADO Ceylin del Carmen
Alpecin – Deceuninck150:51:49
2
 VAN DER HEIJDEN Inge
777140:36
3
 BETSEMA Denise
Pauwels Sauzen – Bingoal130:46
4
 BACKSTEDT Zoe
EF Education-TIBCO-SVB121:14
5
 CANT Sanne
Crelan – Fristads111:55
6
 NORBERT RIBEROLLE Marion
Crelan – Fristads103:04
7
 FRANCK Alicia
De Ceuster Bonache Cycling Team93:42
8
 BARONI Francesca
Pissei – Groep T.O.M.84:26
9
 GONZALEZ Lucia
Nesta – MMR CX Team74:53
10
 LAST Annie
 65:10
11
 DOBBELAERE Jana
 55:57
12
 VAN LOY Ellen
De Ceuster Bonache Cycling Team46:37
13
 BAELE Lotte
 36:51
14
 BASTIAENSSEN Fauve
Pissei – Groep T.O.M.27:51
15
 DEFOUR Lara
 1
16
 DE SMEDT Febe
  
17
 VANÍČKOVÁ Tereza
Brilon Racing Team MB 
18
 DEVIGNE Camille
  
19
 GUNSALUS Lizzy
United States 
20
 KAPTHEIJNS Maud
Deschacht – Hens – Maes 
21
 TRABAZO Irene
  
22
 GORT Femke
Pissei – Groep T.O.M. 
23
 LE DANTEC Gwennig
  
24
 DE KEERSMAEKER Audrey
De Ceuster Bonache Cycling Team 
25
 DE VOS Nele
Never Give Up by Jolien Verschueren 
26
 DELCOMMUNE Juline
  
27
 LARKIN Maria
  
28
 DHONT Kiona
De Ceuster Bonache Cycling Team 
29
 RUBINO Rachel
Nice Bikes 
30
 CLAY Zoe
  

 

スポンサーリンク

男子エリート

ビック3はワウト・ファンアールトだけが出場。

 

少し雨が降っている。

 

ファーストコーナーはラース・ファンデルハールがトップ。

 

ラース・ファンデルハール、マイケル・ファントーレンハウト、エリ・イーゼルビットと続く。

 

ワウト・ファンアールトは、6番手。後ろのゼネク・スティバルは泥に足を取られて遅れる。

 

トップは、エリ・イーゼルビットとラース・ファンデルハールが争っている。

 

ラース・ファンデルハールが好調だ。

 

ラース・ファンデルハールはバイク交換。結構ドロドロだ。

 

トップグループは5人に絞られた。

 

2周目

5人がゴールラインを通過。

 

ワウト・ファンアールトは、ずっと最後尾。

 

ワウト・ファンアールトだけが、バイク交換。

 

マイケル・ファントーレンハウトが少しリード。後方ではランニングでワウトが2位に上がっている。

 

3周目

マイケル・ファントーレンハウトが5秒リードして通過。

 

Burgos-BHで走るスペイン王者のオルツ・フェリペが遅れる。

 

おっと、ワウト・ファンアールトがカーブでフェンスにぶつかってしまう。

 

ワウトがマイケル・ファントーレンハウトを追う。

 

ワウトがマイケル・ファントーレンハウトを捕まえた。

 

さあ、あとはどこでワウトがアタックをかけるのか。

 

ワウト・ファンアールトだけがバイク交換せずトップに。

 

さあ、もうワウトは上げていくのか。

 

4周目

マイケル・ファントーレンハウトだけが、ワウトに張り付いている。エリ・イーゼルビットとラース・ファンデルハールが少し遅れた。

 

エリ・イーゼルビットは追いついてきたか。

 

ワウトはバイク交換。

 

ワウトは先頭を譲らない。

 

ラース・ファンデルハールが少し離れたので、トップは3人となりそう。

 

ワウト・ファンアールトが泥で落車しそうに。しかし、乗ったままクリアー。この区間を最後まで乗ってクリアーするのはワウト・ファンアールトだけだ。

 

エリ・イーゼルビットが3秒ほど離される。

 

5周目

マイケル・ファントーレンハウトが前に出た。

 

だが、マイケル・ファントーレンハウトは砂で足をついてしまいワウトが再び前に。

 

今度は、マイケル・ファントーレンハウトが追う立場に。

 

ワウトの走りにエリ・イーゼルビットがついていけない。

 

6周目

エリ・イーゼルビットは3秒遅れ。マイケル・ファントーレンハウトが14秒離れて姿が見えなくなった。

 

ワウト・ファンアールトは、少しずつエリ・イーゼルビットを引き離していく。

 

7周目

ワウト・ファンアールトは、エリ・イーゼルビットを15秒引き離した。ついに見えなくなった。

 

8周目

好調だったマイケル・ファントーレンハウトだけど33秒遅れている。

 

ワウト・ファンアールトは、あとは無事にゴールをするだけだ。

 

ワウトはバイク交換。フロンフォークが黄色のチームカラータイプに。

 

9周目

ワウトが最終ラップに入った。

 

おっと、ワウトが登りで滑ってしまう。

 

ワウト・ファンアールトは、貫禄の勝利。3周目から独走となったが、全く問題なし。

 

2位はエリ・イーゼルビット。背中の問題はかなり改善しているようで復調している。

 

前半好調だったマイケル・ファントーレンハウトが3位に入った。

 

リザルト

ワウト・ファンアールトのコメント

雨のせいで、とてもテクニカルになってしまった。もうちょっと長くホイールに乗っていたかったが、実際はもっと大変だった。一時期は、自分でラインを引けるようになったほうがいいと思っていたんだ。そして、やり抜こうとした。

みんな、一番重いトレッドでスタートしていた。スタート前に雨がしっかり降っていたので、そのトレッドを選択した。それでもタイヤの空気圧を少し落としたが、こんな滑りやすい地面では本当にタイヤがない。

この2週間は本当にうまくいった。何度かいい勝負をした。特にスーパープレスティージュでは、ディーゲムでのレースのように、常に勝つことが難しい状況だったんだ。しかし、この冬は成功した。ここディーヘムで初めて優勝することもできたので、とてもうれしい。

コクシードワールド カップで優勝した後、ブルース・スプリングスティーンの音楽が彼に翼を与えたと述べましたね。その音楽が再びスピーカーから鳴り響いてました。

しかし、今はもうオリジナルではないんだ。何か新しいことを考えないと。次のクロスカントリーのために考えるが、それよりもスポーツそのものに集中したい。

 

2位のエリ・イーゼルビットのコメント

ちょっと苦しくて、毎回数メートル離れないといけなかったんだ。ちょうど、ワウトが加速したとき、パワーレーンでパワーが入らなくなったんだ。彼はそこで泥にまみれて印象的な走りをしたのだが……。

ディーヘムのコースは、雨でかなり滑りやすかったのでは?

一度、プロファイルを変更した。粗いものからさらに粗いものへ、柔らかいものから非常に柔らかいものへ。茶色い石鹸の上に乗っているような感じでしたね。でも、それは私が好きでやっていることなんだ。また、観客が超満員だったので、今日は楽しめた。

 

3位のマイケル・ファントーレンハウトのコメント

後半にもマシントラブルがあったようですね。

さらに、もう1回パンクしてしまった。少なくとも私は運が悪かったと思う。序盤は調子が良かったが、パンクのせいで少し単独で転倒してしまい、エリに戻るのが大変だった。全体としては、まだ表彰台に上れたことに満足している。

偵察の後、いろいろと変わったので、調整するのに苦労した。それ自体はうまくできることなので、パンクで少し出遅れたのは残念だ。その差を縮めるために、いくつかミスをしたんだ。でも、1週間、たくさんトレーニングして満足だ。また表彰台に上れたし、フィーリングもかなり良かったよ。

RnkRiderTeamCompetition
points
Time
1
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma151:03:03
2
 ISERBYT Eli
Pauwels Sauzen – Bingoal140:23
3
 VANTHOURENHOUT Michael
Pauwels Sauzen – Bingoal130:42
4
 VAN DER HAAR Lars
Baloise Trek Lions120:54
5
 KUHN Kevin
Tormans Cyclo Cross Team111:33
6
 HERMANS Quinten
Alpecin – Deceuninck101:44
7
 ORTS Felipe
Burgos-BH92:09
8
 VANDEPUTTE Niels
Alpecin – Deceuninck82:48
9
 LOOCKX Lander
Deschacht – Hens – Maes73:15
10
 WHITE Curtis
United States63:59
11
 VENTURINI Clément
AG2R Citroën Team54:05
12
 VERMOOTE Jelle
Tormans Cyclo Cross Team44:17
13
 ALDERWEIRELD Robin
 34:24
14
 SUAREZ Kevin
Nesta – MMR CX Team24:40
15
 VERMEERSCH Gianni
Alpecin – Deceuninck15:22
16
 BEKAERT Yentl
Baloise Trek Lions 5:24
17
 ŠTYBAR Zdeněk
Team Jayco AlUla 5:43
18
 HORNY Clement
  5:56
19
 FERDINANDE Anton
Deschacht – Hens – Maes 
20
 GRAS Yan
Podiocom CX 
21
 LAURYSSEN Yorben
Pauwels Sauzen – Bingoal 
22
 DE MOYER Kenay
Cross Team Legendre 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました