ロードバイクの情報を発信しています!

Team Jumbo-Vismaは、新オフィスのサービスコースをドローンによる衝撃的な映像で公開

海外情報
Photo credit: dvdbramhall on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、2019年にはチーム予算が17番目で決して裕福ではなかった。

 

また、スポンサーの一つであるHAMAも財政難と聞いていたので、予算事情は厳しいのかと思っていた。

 

だけど、チームのSNSで公開された、新しいオフィスは、Team Jumbo-Vismaの資金力が大きくなっていることを示すものかもしれない。

ドローンで撮影が行われており、見事なフライスルー映像で公開されている。

 

スポンサーリンク

Service Course

 

新しいオフィスは、オランダ南部の北ブラバント州の州都であるスヘルトーヘンボスにある。

2分半の映像では、黒と黄色のカラーリングが特徴的なサーヴェロバイクがずらりと並び、メカニックの作業場も映し出される。

チームバスは一体何台あるんだろうか?

建物の入り口は広いレセプションエリアで、大勢の訪問者を楽しませてくれる。その部分には、サイクリングチームの歴史に関連する展示や、カフェやゲームエリアもある。

バイクの陳列も、物凄く綺麗だ。こんなオフィスで働ければ朝からテンションも爆上がりだろう。

映像では、チームカラーのテーブルフットボールが置かれた食堂を通過。レセプションエリアと思われる場所を通り抜けると、国内チャンピオンやグランツールのリーダージャージが額装されたオフィスエリアやミーティングルームがあり、壁にはチームの成功を示す写真があちこちに飾られている。

Team Jumbo-Vismaは、自転車チームだけでなく、スピードスケートの選手もサボートしており、サービスコースにはその競技専用のエリアもある。

 

photo mulderblauw.nl

 

このような施設は、スポーツ界でも最大級の予算で何ができるかを示すものだ。

2019年には予算が少ないチームだったが、プリモッシュ・ログリッチやワウト・ファンアールトの活躍でチーム予算は各段に上がっているのは間違いない。

チーム存続に立っているチームや、その何分の一かの予算で運営しているチームなどからは、羨望のまなざしを受けることは間違いないだろう。

また、ライダーもこんなオフィスでミーティングとかしてたら、頑張らないといけないと思うでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました