ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームは2週間トレーニングが出来ない状態に 何があったのか?

海外情報
Photo by Erik-Jan Leusink on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

Israel Start-Up Nationで2シーズン目を迎える、クリス・フルームは、現在トレーニングが出来ていない。

どうやら、あまりにも厳しいトレーニングで膝を痛めてしまったようだ。フルームは彼のYouTubeチャンネルでこれを話している。

走れないのでは、レーススケジュールもくるってしまいそうだが、どうなんだろうか?

 

スポンサーリンク

古傷も関係しているのか

膝を痛めたことと最近のイベントについて語っている

 

フルームは、YouTubeチャンネルの中で、シーズン序盤のトレーニングで挫折を味わうことになったと語っている。

具体的には、腸脛靭帯に付着し、股関節の屈曲、外転、内旋、膝の屈曲、横回転に関わる小さな筋肉、大腿筋膜張筋の炎症が原因で痛みが出ていると説明している。

 

ここ10日ほど、ペダルを踏んでいるときに膝の外側にかなりの痛みがあるんだ。

検査の結果、膝の横のITバンドがつながっているTFL腱を損傷していることがわかった。残念ながら、この数週間、トレーニングに復帰したとき、僕は少し熱心すぎて、少し無理をしすぎたかもしれない。

数週間バイクを休んでいたこともあり、身体がハードにプッシュする準備ができていなかったのかもしれない。炎症が起きてしまったんだ。

 

フルームは右膝を触りながら語っている。2019クリテリウム・ドーフィネのタイムトライアル偵察中のクラッシュで、大腿骨を骨折したのと同じ脚のほうだ。

2022年には競争力のあるレベルに戻りたいと語っている。だが、この膝の怪我により、フルームは今後数週間はトレーニングを強化することができない。

また、シーズン初期のレースプランも不透明なものとなっている。予定では、ブエルタ・サンファンから出場なんだけど。

ただ、情報によるとサンファンは2年連続で中止という話が出ている。決定すればお知らせしたいが、残念だ。

フルームの次の予定レースはツール・ド・ルワンダだ。

 

シーズン開始が微妙に

右は、197cmのレト・ホレンシュタイン。186cmのフルームが小さく見える
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Israel Start-Up Nation(@teamisraelsun)がシェアした投稿

 

かなり微妙なところだ。1週間は完全に休まなければならないし、その後2~3週間は負荷をかけずに徐々に始めなければならない。

僕にとっては間違いなく後退だ。レーシングシーズンをどこから始めればいいのか、あまり自信がない。このことが、すべてを少し後退させることになるのは間違いない。

体幹を鍛え、腱に負担をかけずに鍛えることができる筋肉を強化するんだ。

オフトレーニングでしっかりと乗り込まないとシーズンを戦えるベースが出来ない。

フルームの2022年は、マイナスからスタートとなりそうだ。ちなみにフルームのレーススケジュールは

  • 1月30日 ブエルタ・ア・サンファン(中止かも)
  • 2月2日 ツール・ド・ルワンダ
  • 3月6日 パリ~ニース
  • 4月26日 ツール・ド・ロマンディ
  • 6月5日 クリテリウム・ドーフィネ
  • 7月1日 ツール・ド・フランス

今走れていないならば、2月のツール・ド・ルワンダも微妙だろう。パリ~ニースあたりからスタートかもしれない。準備レースが不足しそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました