ロードバイクの情報を発信しています!

カレブ・ユアン

海外情報

2021ベネルクスツアー第5ステージ 登りスプリントを制したのは復活のライダーだ!

第4ステージでは、スプリントでティム・メルリエが2勝目をあげた。 最後は、狭い道端でいかに前方に位置しているかによって勝負に絡めるかが決まる展開となった。 第5ステージに先立ち、Deceuninck-Quick-Stepのレコム・エヴェ...
海外情報

カレブ・ユアンが2021ブエルタ・ア・エスパーニャに出ない どうする Lotto Soudal

なんと、全グランツールに出場予定だった、カレブ・ユアンがブエルタ・ア・エスパーニャを欠場となってしまった。 ツール・ド・フランス第3ステージの落車で鎖骨骨折。バイクのトレーニングには戻っているがレースに出場出来る状態ではないようだ。 ...
海外情報

カレブ・ユアンが契約延長し、BORAからスプリトントレインの一人を引き抜く

 Lotto Soudalのエーススプリンター、カレブ・ユアンが契約延長だ。 これまで、2022年の終わりまで契約があったが、更に2年間追加して2024年末までチームに留まることになる。 チームには総合を狙えるライダーがいないので、スプ...
スポンサーリンク
海外情報

ツール・ド・フランス第3ステージでカレブ・ユアンがゴール前で転倒! ツールを去る

ツール第3ステージは、非常に多くの転倒がありゴールまでたどりつくのがサバイバルとなるようなレースとなってしまった。 カレブ・ユアンは無傷でゴールまで残ることが出来たが、落車により立ち上がることができなった。 そして、恐れていたことに鎖骨...
海外情報

バロワーズ・ベルギーツアー第4ステージ クイーンステージを制したのはまさかのスプリンター

第3ステージで敢闘賞に輝いたBEAT Cyclingのヤン・ウィレム・ファン・チップ (VAN SCHIP Jan-Willem)は、使っていたハンドルがUCIによって失格となってしまった。 主催者側も話題...
2021.06.14
海外情報

バロワーズ・ベルギーツアー第3ステージ スプリントを制したライダーは?

第2ステージの個人タイムトライヤルで、レムコ・エヴェネプールはトップタイムを出した。しかし、チームメイトのイヴ・ランバールトとは2秒のタイム差。 ベストな状態とは言えないが、総合では45秒リードしている。だから、残りのステ...
海外情報

カレブ・ユアンがジロ2勝をあげながら第8ステージでリタイヤした本当の理由とは?

ポケットロケットとこと、カレブ・ユアン(Lotto Soudal)はジロ・デ・イタリア第5ステージと第7ステージでスプリント勝利。 ポイント賞では100ポイントでトップを走っていた。2週目の第13ステージはフラットなスプリンターステージな...
機材情報

カレブ・ユアンのカスタムシフターを備えたRidley Noah Fast Disc

カレブ・ユアンは、ジロ・デ・イタリア2021で2回目のスプリント勝利を飾った。第7ステージではフェルナンド・ガビリアのロングスプリントに反応してまくりあげた。 ゴール手前1.5kmにある12%勾配をこなし、ゴール手前まで緩やかに上がってい...
海外情報

ジロ・デ・イタリア第7ステージ ジロ3回目のスプリンターステージを制したライダーは?

ジロ第6ステージでは、予想されていた総合勢が上位に入ってくる展開となった。雨のために実力を発揮できなかった選手もいただろう。 ジノ・マーダーはミケル・ランダがリタイヤしたことで、なんとしても勝ちたかった。パリ~ニース第...
機材情報

カレブ・ユアンは何故、最新のカンパ12速スーパーレコードに乗らない?

カレブ・ユアン(Lotto Soudal)は、ジロ・デ・イタリア第5ステージでようやくスプリント勝利をあげた。 ジロでの勝利はこれで4勝目。今年は全てのグランツール出場でスプリント勝利を狙う。 カレブ・ユ...
2021.05.14
海外情報

ジロ・デ・イタリア第5ステージ スプリンターステージを制したライダーは誰か?

第5ステージは大量の離脱者がペースを落とさず逃げ続け、10人が集団からの追走を振り切った。そのため総合はステージ上位者で占められることに。 今日からは、アレッサンドロ・デマルキ(Israel Start-Up Nation...
海外情報

ミラノ~サンレモで最強の男たちは何故動けなかったのか? 誰もが無敵ではない

ミラノ~サンレモは最強と思われていた男たちが勝つことはなかった。 299kmと距離は長いが、ライダーを完全に仕分けることのできる場所はない。 特に、今回はゴール手前のチップレッサからイネオスが主導権を握り、ポッジオでは最速の男、フィリッ...
海外情報

ティレーノ〜アドリアティコ第3ステージでカレブ・ユアンがリタイヤした理由とは?

ティレーノ〜アドリアティコ第3ステージでは、ラスト100kmくらいから横風分断で集団が大きくペースアップ。 この時に、集団最後尾にいたカレブ・ユアン(Lotto Soudal)はスビードについていけなくなってドロップしてしまう。 その後...
海外情報

カレブ・ユアンは最強スプリンターを目指してすべてのグランツールにチャレンジ!

カレブ・ユアン(Lotto Soudal)は、2021年シーズンに凄い目標を掲げている。 ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの全てのグランドツアーに参加し、ステージ勝利するというのだ。 しかも、ツールで...
海外情報

シュヘルデプライスでパスカル・アッカーマンが降格 勝ったのは誰?

ベルギーで行われたシュヘルデプライス(Scheldeprijs)。 コロナのために開催が危ぶまれていたが、コースを短縮して大幅に変更。17.3kmの周回コースとすることで対応した。 シーズン終盤ながら、トップスプリンターの集まるレベルの...
機材情報

カレブ・ユアンは何故、最新のカンパニョーロ Bora WTOに乗らないのか?

カンパニョーロBora WTOはイタリアブランドの最新最速のホイール。 WTOとは、Wind Tunnel Optimized(風洞最適化)の略語。風の抵抗を最小限にするように設計されたホイールでカンパの主力モデルだ。 ...
2021.07.23
海外情報

カレブ・ユアンの勝利への作戦とサム・ベネットの危険な走り

ツール・ド・フランス第3ステージはカレブ・ユアンのスプリント勝利で幕を下ろした。 今大会初めてと言って良い、純粋なスプリンターによる戦いだった。 その中で、カレブ・ユアンの卓越した戦術は見事の一言。しかも、忍者のような走りで勝利を獲得し...
海外情報

ツール・ド・ワロニー第1ステージはスプリンターの祭典 誰が勝った?

クリテリウム・ドーフィネの放送が始まる前に、ツール・ド・ワロニー第1ステージが行われていたので観戦。 クリテリウム・ドーフィネが総合を争うステージならば、こちらはスプリンター向けのステージといっても良いだろう。 ドーフィネはスプリンター...
機材情報

カレブ・ユアンの乗るRidley Noah Fast Disc 昨年からの変更点

カレブ・ユアン(Lotto Soudal)の2020年シーズンはサントス・ツアーダウンアンダーで2勝。 UAEツアーでは昨年に続いてハッタダムの登りスプリントを制しており、昨年の好調を維持している。 カレブ・ユアンの乗るRidley N...
海外情報

サム・ベネットは1400Wで登ってもカレブ・ユアンにまくられる

UAEツアー2日目はハッタダムへの登りで勝負の決まるコース。 ハッタダムへの登りで最初にスプリントを開始したのは、サム・ベネット。1車身ほど離されてカレブ・ユアンが追走。 すぐにサム・ベネットの真後ろに位置して抜くタイミングを伺っていた...
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました