ロードバイクの情報を発信しています!

2021ベネルクスツアー第2ステージ 個人タイムトライヤルで総合トップとなったのは?

海外情報
Photo credit: harry_nl on VisualHunt.com
この記事は約12分で読めます。

第1ステージでは、総合優勝候補のレムコ・エヴェネプールが不運にもスボークが折れて遅れてしまう。

風が左から吹いている時に、フェルメルシュの後輪についていたためにプロトンが動いた時に、時にぶつかっている。後で、二人で話し合いをして和解したそうだ。

風の向きによって、走る位置を考えておかないといけない。

更に、Astana-Premier Techのヤコブ・フルサンも序盤の落車で100kmも走らずにリタイヤ。病気により、ファビオ・フェリーネも第1ステージからDNS。アスタナは5人で走らないといけない。

 

スポンサーリンク

第2ステージ    レリスタット~レリスタット 11.1km

コースマップ photo beneluxtour.eu

 

スタートはバタビアスタッドファッションアウトレットショッピングセンターで、その後コースは北に向かう。

180度ターンをする箇所が2箇所あり、ゴール手前にも90度カーブがある。

 

第2ステージ photo beneluxtour.eu

 

登りはないので、問題となりそうなのは風だろう。

優勝候補は

  •  Deceuninck – Quick Step レムコ・エヴェネプール、カスパー・アスグリーン
  •  EF Education – Nippo シュテファン・ビッセガー
  • Team DSM セーアン・クラーウアナスン
  •  Groupama – FDJ シュテファン・キュング
  •  INEOS Grenadiers ゲラント・トーマス
  •  Team Jumbo-Visma トム・デュムラン、エドアルド・アッフィニ
  •  Team Qhubeka NextHash ヴィクトール・カンペナールツ
  • UAE-Team Emirates ミッケル・ビョーグ、ブランドン・マクナリティ

33人が同タイムで、レムコは57秒差。少しでもタイム差を縮めたいところだ。

 

ブランドン・マクナリティ

TIX-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

UAE Team Emiratesのブランドン・マクナリティが序盤のトップタイムタイムをたたき出す。

 

第1ステージでは、5分47秒遅れの133位だったので、スタートが速い。

 

12分39秒のAV52.6km/h。これは良いタイムだ。

 

レムコ・エヴェネプール

中間タイムは、暫定6位。7分47秒でトップのブランドン・マクナリティから19秒も遅れている。ここから逆転するのは流石に難しい。

ゴールも遅れて暫定6位。12分43秒。

この理由は胃痛のため。開始の1時間前まで何も食べることが出来なかった。これでは走れない。

 

エドアルド・アッフィニ

Team Jumbo-Vismaのエドアルド・アッフィニがスタート。中間タイムで7分28秒という断トツのタイムをたたき出す。

 

エドアルド・アッフィニは、ブランドン・マクナリティの記録を15秒もクリアーした。

12分24秒。av53.782 km/h。これは当分抜けないのでは。

 

トム・デュムラン

トム・デュムランは、オランダチャンピオンジャージで登場。東京オリンピック銀メダリストの走りはどうか。

中間タイムは7分36秒で暫定3位。

 

デュムランのタイムは、12分32秒。チームメイトのエドアルド・アッフィニから8秒遅れだ。暫定2位となる。

セーアン・クラーウアナスン

  

Team DSMのセーアン・クラーウアナスンは、中間タイムを7分35秒の暫定3位。

ゴールは12分33秒で、トム・デュムランから1秒遅れ。暫定4位だ。

 

シュテファン・ビッセガー

 

EF Education-Nippoのシュテファン・ビッセガー。TTスペシャリストだ。

 

前半は向かい風なのでペースは上がらない。それでも7分26秒でエドアルド・アッフィニの記録を2秒上回る。

 

なんと、ゴールはエドアルド・アッフィニの記録を15秒も上回った。12分8秒。av54.835km/h。ただ一人av54キロを越えた。これは抜けないのでは。

 

シュテファン・キュング

  

こちらもステージ優勝を狙うシュテファン・キュング(Groupama-FDJ)。2020世界選手権TT3位の実力はいかに。

中間タイムは、7:36,800  av48.947 km/h。暫定7位。イマイチの感じか。

 

ゴールタイムは、12:28,250。av53.422 km/h。最後は追い上げて暫定3位に。前半が海からの逆風と横風でスピードが乗らない。

 

ヴィクトール・カンペナールツ

TTよりも、今シーズンはロードに力を注いでいるヴィクトール・カンペナールツ。それでも、中間タイムは、7:38,810。av48.734 km/h。暫定8位。

ゴールタイムは、12分34秒。av52.955km/hで暫定8位。続くステージでのアタックを期待したい。

 

カスパー・アスグリーン

TTスペシャリストのカスパー・アスグリーンは、デンマークチャンピオン。中間タイムを 7:35,680 av49.055 km/hで暫定4位。

ゴールは、12分29秒8。av53.294km/h。暫定4位だ。

 

ティム・メルリエ

リーダージャージのティム・メルリエ(Alpecin-Fenix)。13分8秒でゴール。今日一日のジャージとなってしまった。

 

 

優勝は、シュテファン・ビッセガー。

パワーメーターに問題があり、サイクルコンピューターに接続できなかった。だから、身体で感じながら走った。ゴールした時に、自分の身体の中の時間と大きく違っていたので驚いた。

海からの逆風で、前半は50km/hでもきつかった。中間点の後は追い風で60km/h以上で走れたので痛くても楽しめた。

シュテファン・ビッセガーは、レース前日に車にぶつけられて、手首を痛めていた。なんとかスタート出来た感じだったのだけど。

総合でのリードは19秒で、カスパー・アスグリーンとシュテファン・キュングの二人が続く。最後まで、リーダージャージを守るのは至難の業だ。

別府史之は、しっかりとシュテファン・ビッセガーをアシストしなければいけない。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第2ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTimeAvg
1
 BISSEGGER Stefan
EF Education – Nippo50500:12:0854.890
2
 AFFINI Edoardo
Team Jumbo-Visma20300:1553.782
3
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ8180:2053.422
4
 ASGREEN Kasper
Deceuninck – Quick Step 130:2153.351
5
 WALSCHEID Max
Team Qhubeka NextHash 100:2253.280
6
 DUMOULIN Tom
Team Jumbo-Visma 70:2353.209
7
 KRAGH ANDERSEN Søren
Team DSM 40:2453.138
8
 CAMPENAERTS Victor
Team Qhubeka NextHash 30:2652.997
9
 LAPORTE Christophe
Cofidis, Solutions Crédits 20:2952.787
10
 MCNULTY Brandon
UAE-Team Emirates 10:3152.648
11
 VAN EMDEN Jos
Team Jumbo-Visma  0:3252.579
12
 LANGEVELD Sebastian
EF Education – Nippo  0:3552.372
13
 THOMAS Benjamin
Groupama – FDJ  0:3652.304
14
 SOBRERO Matteo
Astana – Premier Tech  ,,52.304
15
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious  0:3852.167
16
 DURBRIDGE Luke
Team BikeExchange  0:3952.099
17
 HERREGODTS Rune
Sport Vlaanderen – Baloise  ,,52.099
18
 EVENEPOEL Remco
Deceuninck – Quick Step  ,,52.099
19
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious  0:4052.031
20
 HOULE Hugo
Astana – Premier Tech  0:4451.762

別府史之は、1分33秒遅れの109位でゴール。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
125▲24
 BISSEGGER Stefan
EF Education – Nippo83:44:29
29▲7
 ASGREEN Kasper
Deceuninck – Quick Step 0:19
319▲16
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ ,,
413▲9
 WALSCHEID Max
Team Qhubeka NextHash 0:21
521▲16
 CAMPENAERTS Victor
Team Qhubeka NextHash 0:26
615▲9
 LAPORTE Christophe
Cofidis, Solutions Crédits 0:28
75▼2
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 0:36
827▲19
 DURBRIDGE Luke
Team BikeExchange 0:38
98▼1
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious 0:42
106▼4
 BENOOT Tiesj
Team DSM 0:45
1124▲13
 WELLENS Tim
Lotto Soudal ,,
127▼5
 PÖSTLBERGER Lukas
BORA – hansgrohe 0:47
1312▼1
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 0:49
141▼13
 MERLIER Tim
Alpecin-Fenix 0:50
1522▲7
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe 0:51
1623▲7
 BOL Cees
Team DSM ,,
174▼13
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma 0:52
1831▲13
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo ,,
1920▲1
 ARNDT Nikias
Team DSM 1:00
2011▼9
 VAN POPPEL Danny
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 1:05

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
1 
 BISSEGGER Stefan
EF Education – Nippo30
21▼1
 MERLIER Tim
Alpecin-Fenix30
37▲4
 WALSCHEID Max
Team Qhubeka NextHash30
4 
 AFFINI Edoardo
Team Jumbo-Visma25
52▼3
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious25
6 
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ22
73▼4
 HODEG Álvaro José
Deceuninck – Quick Step22
810▲2
 LAPORTE Christophe
Cofidis, Solutions Crédits21
9 
 ASGREEN Kasper
Deceuninck – Quick Step19
104▼6
 GAVIRIA Fernando
UAE-Team Emirates19

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました