ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ ドラマのような激闘。カラパス凄いぜ!

海外情報
Image by Steve Buissinne from Pixabay
この記事は約12分で読めます。

ブエルタは最後の決戦の日を迎えた。実に11月7日までロードレースをしているとは誰も今年の初めには思っていなかっただろう。

今年最後のグランツールの優勝者は今夜決まる。

プリモッシュ・ログリッチは、昨日の第16ステージでも2位でゴールして6秒のボーナスタイムを貪欲に獲得。

リチャル・カラパスに対して、45秒のリードをしている。間違いなくカラパスはアタックを仕掛けるだろう。だが、ヒュー・カーシーが8秒差なので失敗すると転落することになる。

果たして攻撃するのか、2位の死守に走るのか、どちらだろう?

 

スポンサーリンク

第17ステージ セケロス〜ラ・コバティーリャ 178.2㎞

第17ステージ  photo Unipublic

 

最後の山岳ステージの舞台は超級峠ラ・コバティーリャ。最後の超級山岳に至るまでも1・3・3・3・2級山岳と連続している。

すでに山岳賞はギョーム・マルタンが数字の上で獲得済み。ギョーム・マルタンは、今日はステージ優勝を狙ってくるだろう。

 

超級峠ラ・コバティーリャ photo Unipublic

登坂距離は、11.4km。平均勾配7.1%。最後の決戦の地としていは、いさささか優しいような感じ。

だが、中盤には12%勾配が現れる。カラパスが逆転するためには、ゴール手前3km当りではアタックをかけておかないと45秒の逆転は難しいのではないだろうか?

どこで、カラパス、ヒュー・カーシーがアタックをかけるのか見ものだ。

 

スポンサーリンク

34人の集団離脱

photo Tiz cycling 捨てリーミングより 以下同様

34人という今までにないほどの集団離脱。

総合順位アップを狙っているのは

  • ダビ・デラクラス(UAE-Team Emirates) 総合10位 9分29秒遅れ
  • ダヴィ・ゴデュ(Groupama – FDJ ) 総合11位 10分51秒遅れ

ギョーム・マルタンも含まれている。誰がどこまで残るのかも注目しておきたい。

 

メイン集団の並びは、ユンボ・ビズマにEF Pro cycling、イネオスと続いている。残り105.7kmで3分57秒のタイム差。

9分遅れのダビ・デラクラスがいるのでタイム差は抑えておかないといけない。

 

ダビ・デラクラスが5人で抜け出したのだか、すぐに後続に捕まってしまう。まあ、中々決まらないだろう。

 

残り95kmになって、ようやく日が差してきた。雨よりも腫れているほうが絶対にいい。路面も乾いてくれると落車の心配もなくなって選手も走りやすいだろう。

 

先頭集団は2級山岳を越えていく。先頭をずっと引いているのはイヴォ・オリヴェイラ。ダビ・デラクラスとルイ・コスタのために全開だ。

さらに、セルジオ・エナオとUAEは4人が逃げに乗っている。

 

先頭は、ブルーノ・アルミライル(FDJ)がダヴィ・ゴデュのために引く。残り77kmで3分10秒のタイム差。このまま最後の超級山岳まで逃げ切れるだろうか?

 

メイン集団も縦に長く伸びており、相当スピードが上がっていることがわかる。

 

メイン集団はモビスターが先頭を引いている。このままダビ・デラクラスが逃げ切るとアレハンドロ・バルベルデの順位が下がるからなのか。それとも、エンリク・マスのためなのか?

 

先頭集団も登りで人数が16人まで減ってきた。残り31.6kmで1分38秒までタイム差は縮まってきている。

 

マルク・ソレルがメイン集団からはアタックをかけてきた。モビスターの引きはこのアタックのためだった。前の集団にまずは追いつくことが出来るだろうか。

 

マルク・ソレルは凄まじい勢いで先頭集団に向かってブリッジをかけている。これは追いつくだろうけど、最後まで足が持つんだろうか。

 

と、思っていたら、前からチームメイトのイマノル・エルビティ(Imanol Erviti)が下がってきて、マルク・ソレルを全開で引く。

 

マルク・ソレルは先頭集団に追いついた。先頭は16人に。

 

マルク・ソレルが追いついて、すぐに街中の石畳の登り坂にはいる。

 

3人の逃げに

狭い石畳から、ジーノ・マーダー(NTT Pro cycling)がアタック。ヨン・イサギレ(Astana)とマーク・ドノヴァン(Team Sunweb)が食らいつく。

 

3人はすぐに20秒のタイム差を後続につける。メイン集団とは2分50秒のタイム差があり、逃げ切りも視野に入ってきた。

 

後方の第2集団では、ルイ・コスタがダビ・デラクラスの肩を叩いて下がっていく。このままいくとダビ・デラクラスは総合でジャンプアップとなるだろう。

あとはどこまで粘れるかだ。

 

残り9.2kmで後続に42秒のタイム差をつけている。これは、この3人の中からステージ優勝が出る可能性が高くなってきた。

 

先頭はBORA。ビズマは3人。EF PRO cyclingは2人。イネオスも2人。ダン・マーティンは早くから一人だ。

 

先頭はヨン・イサギレがアタックをかける。

 

だが、ジノ・マーターは追いついてくる。あと6.5kmでゴールだ。

 

驚異的な粘りで、マーク・ドノヴァン(Team Sunweb)が追いついてくる。

 

ここで、再度ヨン・イサギレがアタックをかける。これは決まったか?

 

ダディ・ゴデュが後方から追い上げてきた。凄い勢いだ。ジノ・マーターも抜いてしまい2位に上がる。

 

総合争いが始まる

総合争いでは、アレクサンドル・ウラソフがアタックをかける。

 

先頭は一気に、ダディ・ゴデュがヨン・イサギレを抜いてしまった。単独トップだ。

 

ダディ・ゴデュは快調だ。これはステージ優勝間違いない。

 

集団は、セップ・クスが引いていたが、ヒュー・カーシーが、バイクの後ろからアタック。

 

前を行く、アレクサンドル・ウラソフを捕まえてしまう。

 

さあ、役者が揃った。総合上位勢だけの戦いとなる。ダン・マーティンだけ遅れてしまう。

 

カラパス劇場の始まり

エンリク・マスが少し前に出ていた所を後ろからカラパスがアタックをかけて追い抜く!

 

当然、プリモッシュ・ログリッチが反応するが、すでに距離がある。

 

カラパスは凄い勢いでログリッチを引き離す。

 

なんと、ここで切れていたセップ・クスが戻ってきて、プリモッシュ・ログリッチを引き始めた。凄いスーパーアシストだ。

 

カラパスは、残り638mでログリッチまで27秒のタイム差。どんどん縮まっていく。

 

530mで24秒。一時は20秒くらいまで縮まったと思ったがセップ・クスの引きが大きい。

 

先にゴールしたカラパスはログリッチのゴールを待つ。

 

プリモッシュ・ログリッチは最後に猛ダッシュを見せて、なんとかカラパスの猛攻を防いだ。

しかし、もしセップ・クスが戻ってこなかったら、どうなっていたかはわからない。アングリルに続いて、ログリッチはセップ・クスに助けて貰ったと言ってもよいだろう。

 

それにしても、カラパスのラストアタックは素晴らしかった。流石に46秒ものタイム差は埋めきれなかったが、見ていて大興奮のアタックだった。最後までハラハラドキドキさせてくれる走りは最高のものだ。

今年最後の山岳ステージはブエルタ史上に残る熱い戦いだったと言ってよいだろう。

 

こちらはレースハイライト
Highlights – Stage 17 | La Vuelta 20

 

こちらはラスト1kmから
Last Kilometer – Stage 17 | La Vuelta 20

 

 

レースリザルト

第17ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 Gaudu DavidGroupama – FDJ100804:54:32
2 Mäder GinoNTT Pro Cycling40500:28
3 Izagirre IonAstana Pro Team20351:05
4de la Cruz DavidUAE-Team Emirates1225,,
5 Donovan MarkTeam Sunweb4181:53
6 Storer MichaelTeam Sunweb 15,,
7 Martin GuillaumeCofidis, Solutions Crédits 122:23
8 Carapaz RichardINEOS Grenadiers 102:35
9 Carthy HughEF Pro Cycling 82:50
10 Roglič PrimožTeam Jumbo-Visma 62:56
11 Mas EnricMovistar Team 53:03
12 Soler MarcMovistar Team 43:16
13 Godon DorianAG2R La Mondiale 33:21
14 Vlasov AleksandrAstana Pro Team 23:38
15 Valverde AlejandroMovistar Team 13:45

 

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Roglič PrimožTeam Jumbo-Visma 69:17:59
22 Carapaz RichardINEOS Grenadiers0:24
33 Carthy HughEF Pro Cycling0:47
44 Martin DanIsrael Start-Up Nation2:43
55 Mas EnricMovistar Team3:36
66 Poels WoutBahrain – McLaren7:16
710▲3de la Cruz DavidUAE-Team Emirates7:35
811▲3 Gaudu DavidGroupama – FDJ7:45
97▼2 Großschartner FelixBORA – hansgrohe8:15
108▼2 Valverde AlejandroMovistar Team9:34

 

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
11 Roglič PrimožTeam Jumbo-Visma204
22 Carapaz RichardINEOS Grenadiers133
33 Martin DanIsrael Start-Up Nation111
44 Carthy HughEF Pro Cycling96
55 Martin GuillaumeCofidis, Solutions Crédits87
68▲2 Soler MarcMovistar Team73
76▼1 Woods MichaelEF Pro Cycling72
810▲2 Mas EnricMovistar Team71
97▼2 Großschartner FelixBORA – hansgrohe71
109▼1 Philipsen JasperUAE-Team Emirates66

 

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Mas EnricMovistar Team 69:21:35
23▲1 Gaudu DavidGroupama – FDJ4:09
32▼1 Vlasov AleksandrAstana Pro Team6:00
46▲2 Mäder GinoNTT Pro Cycling40:03
54▼1 Zimmermann GeorgCCC Team41:28
65▼1 Barta WillCCC Team45:52
77 Goossens KobeLotto Soudal59:21
88 Champoussin ClémentAG2R La Mondiale1:17:44
99 Power RobertTeam Sunweb1:28:58
1012▲2 Godon DorianAG2R La Mondiale1:38:24

 

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
11 Martin GuillaumeCofidis, Solutions Crédits99
22 Wellens TimLotto Soudal34
33 Carapaz RichardINEOS Grenadiers30
415▲11 Gaudu DavidGroupama – FDJ29
54▼1 Kuss SeppTeam Jumbo-Visma27
65▼1 Roglič PrimožTeam Jumbo-Visma24
76▼1 Carthy HughEF Pro Cycling21
87▼1 Woods MichaelEF Pro Cycling21
923▲14 Costa RuiUAE-Team Emirates21
108▼2 Martin DanIsrael Start-Up Nation20

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました