ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第17ステージ 逃げ切り勝利は誰? 総合の動きは?

海外情報
Photo by Lorenzo Lamonica on Unsplash
この記事は約10分で読めます。

今日も200kmを越えるステージ。20kmを越える1級山岳が二つもあるコース。

逃げも発生するだろうけど、総合は力を使わないために容認するかもしれない。最後の山岳で、再びSunwebの強力なペースメイクはあるのだろうか?

ジョアン・アルメイダの総合が守れるかに注目が集まるステージだ。

 

スポンサーリンク

第17ステージ バッサーノ・デル・グラッパ~マドンナ・ディ・カンピーリョ 203㎞

ジロ第17ステージ photo giroditalia

のこぎりの歯のように、大きな山岳が前半から2つもの現れるコースレイアウト。

最後もきっちりと登りゴールとなっている。最初の1級山岳Forcella Valbonaは、登坂距離(21.4kmで平均勾配6.7%。

2番目の1級山岳も20.5kmもある。最後の1級山岳も11.9kmもあり、平均勾配は5.9%。劇坂ではないが、後半で足にきている総合勢には厳しい登りであることは間違いない。

 

山では積雪が

photo tiz-cycling ストリーミングより 以下同様

山はすでに雪景色。ライダーが走っている道路にはないけれど沿道の観客も着こんでいる。半パンで下りを走ったら寒くないのかな?

 

山岳賞トップにたったルーベン・ゲレイロ

逃げ集団は19人。最初の1級山岳をトップ通過したのは95. ルーベン・ゲレイロ(GUERREIRO Ruben)EF PRO cycling。

ルーベン・ゲレイロは40ポイントを追加して、ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(Giovanni Visconti)Vini Zabù-Brado-KTMを抜いてトップに。

頂上手前では、かなり足が重くトップ通過した時にはガッツボーズもしていた。ジョヴァンニ・ヴィスコンティは逃げに乗ってないので山岳ポイントの加算が出来ない。

 

残り100kmでタイム差は6分9秒。19人は2番目の1級山岳に向かって登っている。

 

2度目の山岳ポイントもルーベン・ゲレイロが獲得

 

142. ダリオ・カタルド(Dario Cataldo)Movistar Teamがラスト78kmからアタック。

タイム差を徐々に開いていく。

 

ローハン・デニスが登りで揺さぶりをかけ、6人となる。

 

後続は9人となり、前のダリオ・カタルドを追い詰めていく。

 

クイックステップが集団を引いているメイン集団。

逃げは容認だが、逃げの中のハーマン・ペーンシュタイナー(Hermann Pernsteiner)Bahrain McLarenは、総合15位。タイム差は9分53秒。

残り24kmで7分のタイム差だから、このまま逃げ切られると約3分まで迫られることになる。

 

先頭はダリオ・カタルドを捕まえて15人の集団に戻る。メイン集団とのタイム差は6分あるので、この中から勝者が出る。

 

先頭は最後の登りに突入する。CCC Teamはザッカリンが逃げに乗っており、このステージの勝利を狙う。

ザッカリンは移籍するので最後のグランツールになるかもしれない。

 

 

トーマス・デヘントが先頭。2番手にはローハン・デニスがついている。

 

集団は右側からイネオスのトレインが上がってくる。いよいよ総合でのジャンプアップを狙うのか。

 

先頭集団からベン・オコナー(NTT PRO cycling)がアタック!

 

昨日のステージに続いてのアタックだ。今度こそ勝利が奪えるか?

 

後続は、ローハン・デニスが切れて、トーマス・デヘント、ザッカリン、ハーマン・ペーンシュタイナーの3人が追っている。

 

ここからハーマン・ペーンシュタイナーがアタック。残り6.1kmで前を行くベン・オコナーに追いつけるか?

 

トーマス・デヘントはザッカリンを置き去りにして先頭の二人を追う。

 

後方のメイン集団ではジェイ・ヒンドレー(Team Sunweb)がアタックをかける。ファウスト・マスナダが後ろから戻ってきており、ジョアン・アルメイダのために引き戻す。

 

ベン・オコナーはラスト2.4kmで、後ろのハーマン・ペーンシュタイナーと28秒のタイム差。これは逃げ切ったか。

 

ベン・オコナーは見事に逃げ切り。昨日の2位に続いて大活躍だ。総合としての力は元々持っており、昨年は32位。2018年は第19ステージまで12位だった。

鎖骨骨折でリタイヤしており、いつかは総合上位を狙いたいところだ。

 

NTTにとっては今年のジロでの初勝利だ。ベン・オコナーはゴール前に何度も頭を振っており、信じられないといった感じだった。

 

総合はラスト2キロを切って動きはない。ファウスト・マスナダがゴール手前まで引き続けてアタックはかからなかった。

 

ステージハイライト
Giro d'Italia 2020 | Stage 17 | Highlights

 

レースリザルト

第17ステージリザルト

RnkRiderTeamTime
1 O’Connor BenNTT Pro Cycling5:50:59
2 Pernsteiner HermannBahrain – McLaren0:31
3De Gendt ThomasLotto Soudal1:10
4 Zakarin IlnurCCC Team1:13
5 Frankiny KilianGroupama – FDJ1:55
6 Vanhoucke HarmLotto Soudal2:49
7 Villella DavideMovistar Team3:29
8 Rodríguez ÓscarAstana Pro Team,,
9 Ghebreigzabhier AmanuelNTT Pro Cycling3:30
10 Hansen JesperCofidis, Solutions Crédits4:32

 

総合

RnkRiderTeamTime
1 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 71:41:18
2 Kelderman WilcoTeam Sunweb0:17
3 Hindley JaiTeam Sunweb2:58
4 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers2:59
5 Bilbao PelloBahrain – McLaren3:12
6 Majka RafałBORA – hansgrohe3:20
7 Nibali VincenzoTrek – Segafredo3:31
8 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling3:52
9 Konrad PatrickBORA – hansgrohe4:11
10 Masnada FaustoDeceuninck – Quick Step4:26

総合順位に変動なし。ステージ2位となったハーマン・ペーンシュタイナーは14位から11位にジャンプアップ。

 

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
11 Démare ArnaudGroupama – FDJ221
22 Sagan PeterBORA – hansgrohe184
33 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step90
44 Ulissi DiegoUAE-Team Emirates77
55 Ganna FilippoINEOS Grenadiers66
66 Vendrame AndreaAG2R La Mondiale66
77 Konrad PatrickBORA – hansgrohe56
88 Pellaud SimonAndroni Giocattoli – Sidermec50
936▲27 O’Connor BenNTT Pro Cycling41
109▼1 Kelderman WilcoTeam Sunweb40

 

ヤングライダー賞

RnkRiderTeamTime
1 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 71:41:18
2 Hindley JaiTeam Sunweb2:58
3 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers2:59
4 McNulty BrandonUAE-Team Emirates6:10
5 Knox JamesDeceuninck – Quick Step10:26
6 Samitier SergioMovistar Team12:25
7 Fabbro MatteoBORA – hansgrohe26:18
8 Paret-Peintre AurélienAG2R La Mondiale28:45
9 Oomen SamTeam Sunweb35:37
10 Valter AttilaCCC Team42:41

 

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
12▲1 Guerreiro RubenEF Pro Cycling198
21▼1 Visconti GiovanniVini Zabù – KTM148
311▲8De Gendt ThomasLotto Soudal82
420▲16 O’Connor BenNTT Pro Cycling59
510▲5 Dennis RohanINEOS Grenadiers53
63▼3 Ganna FilippoINEOS Grenadiers48
74▼3 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers45
85▼3 Castroviejo JonathanINEOS Grenadiers45
96▼3 Caicedo Jonathan KleverEF Pro Cycling40
107▼3 Pellaud SimonAndroni Giocattoli – Sidermec39

ルーベン・ゲレイロが山岳賞トッブとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました