ロードバイクの情報を発信しています!

Specializedから創設者に敬意を表した手描き限定版S-Works Aethos – Campagnolo LTD

機材情報
Photo credit: brf on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

Specializedは、創設者マイク・シンヤードのイタリア愛に敬意を表した限定モデルS-Works Aethosを発表した。

Campagnolo Super Record Wirelessを搭載しており、ハンドメイドでペイントされている。

 

スポンサーリンク

S-Works Aethos – Campagnolo LTD

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Specialized Bicycle Components(@iamspecialized)がシェアした投稿

 

バイクのプレスリリースによると、Specializedの原点は、1973年にマイク・シンヤードがVWキャンピングカーを売り払い、自転車に乗るためにイタリアに向かったことにある。

この旅がきっかけとなり、シンヤードは「同じイタリアのクラフトマンシップをアメリカのライダーにも提供する」ことを使命とし、その結果としてSpecialized Bicycles Componentsを設立したと言われている。

限定モデルのSpecialized S-Works Aethosは、シンヤードのライディング、クラフツマンシップ、そしてイタリアン・コンポーネントへの愛に敬意を表しているという。

そのため、コンポはCampagnoloSuper Record Wirelessだ。

 

そして、ホーイルは、 Campagnol Hyperon Ultraホイール。1,240gの軽量ホイールで、Hyperonの名前が復活したホイールだ。

 

ハンドディップ塗装

Image credit: Specialized

 

このSpecialized S-Works Aethosの最も印象的な特徴のひとつは、最高スペックのイタリア製コンポーネントを搭載していること以上に、フレームの塗装があげられる。

Specializedによると、このフレームは「ハンドディップ塗装」が施され、マーモリアルな仕上がりになっているという。限定300台には、それぞれシリアルナンバーが入る。

Specializedによれば、Aethosでは「従来の」製造ルールを破り、チューブ形状を刷新して「剛性とバランスに大きな進歩をもたらした」という。

このチューブ形状の一部は、スペシャライズドS-Works Tarmac SL8にも受け継がれている。

 

Specialized S-Works Aethos Campagnolo LTD spec

Image credit: Specialized

 

  • フレームセット: Specialized S-Works Aethos FACT 12r カーボン
  • グループセット: Campagnolo Super Record Wireless
  • ホイール : Campagnolo  Hyperon Ultra
  • タイヤ: Specialized S-Works Turbo 2BR、700x28mm
  • ハンドルバー : Specialized S-Works SL
  • ステム: Specialized S-Works SL、アロイ
  • テープ : Supacaz Super Sticky Kush
  • サドル:  Specialized S-Works Power
  • シートポスト: Roval Alpinist カーボンシートポスト
  • 価格: 15,000ドル(約270万円)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました