ロードバイクの情報を発信しています!

Deceuninck-QuickStepがU23スターのMauri Vansevenantにサイン QuickStepの新しい移籍情報

海外情報
Photo Mauri Vansevenant instagram.com
この記事は約6分で読めます。

Deceuninck-QuickStepは、今年のGiro della Valle d’Aostaの勝者で、元プロWim Vansevenantの息子であるマウリ・ファンセベナント(Mauri Vansevenant)の署名を発表。

20歳のベルギー人は2020年7月にチームに加わり、チームと3年半の契約を締結。

VansevenantがブルージュのHowest大学での研究を完了した後、契約は開始される予定だ。

つまり、まだ大学生な訳ですね。

 

スポンサーリンク

若き才能 Mauri Vansevenant 3年契約

チームも契約を発表。

マウリ・ファンセベナントは、U23カレンダーの主要なレースの1つであるGiro della Valle d’Aostaを獲得。

このイタリアの過去のレース優勝者には、ティボー・ピノ、ファビオ・アル、パヴェル・シヴァコフらの錚々たるメンバーが名を連ねている。

つまり、彼も前途有望な選手と言うわけだ。

今月のツール・ド・ラブニールでは6位に入賞。

私がDeceuninck-QuickStepにサインしたことは素晴らしいことです。大きなチームであり、彼らと一緒に進歩し、彼らの方法を学び、美しい未来を持っていることを望んでいる。

私と話すチームがいくつかありましたが、私は正しい選択をし、決心したことを知っている。

とマウリ・ファンセベナントはチームが発表した声明で述べた。

父親も、1995年から2008年までプロとして走り、最後はLottoでキャリアを終えている。

若い才能を育てることで定評があるQuickStepだが、彼とは2023年までの3年契約を結んでいる。

鳴り物入りでプロデビューした、レムコ・イヴェネプールでさえ、当初は2年契約だったのだから、いかに彼の才能を買っているかが分かりますね。

 

Deceuninck-QuickStepの移籍情報

Deceuninck-QuickStepは、積極的に若手を採用。

まあ、ジュリアン・アラフィリップとネムコ・イヴェネプールを契約延長したのでお金がないですからね。

 

 

マッティア・カッタネオ

チームは中堅メンバーとしてのマッティア・カッタネオ(29歳)をアンドローニから獲得している。彼の役割は山岳でのアシストだろう。

 

ダビィデ・バッレリーニ

さらに、アスタナからダビィデ・バッレリーニ(24)も獲得。

  • Trofeo Matteotti  (’18) 優勝
  • Memorial Marco Pantani  (’18) 優勝
  • European Games – Road Race  (’19) 優勝

ワンデーレースに強くパンチャータイプ。

 

ベルト・ファンデルベルフ

コフィディスからベルト・ファンデルベルフ(26歳)も獲得。彼はスプリンターだ。

 

ジョアン・アルメイダ

U23ポルトガルロード・TTの2冠を達成したジョアン・アルメイダ(João Almeida 21歳)と2年契約。

 

さらに、Roompot – CharlesからStijn Steels(30歳)の移籍。

Andrea Bagioli(20歳)がコンチネンタルチームのTeam Colpackからネオプロとして2年契約。

 

一方、チームから去る選手は

 

エリア・ヴィヴィアーニとファビオ・サバティーニがコフィディスに移籍。

 

エンリク・マスがモビスターに移籍。

 

フィリップ・ジルベールがロット・スーダルに移籍。

 

チームを去るほうと、チームに入る選手を比べてみると、ウルフパックが弱体化するように思えるのは私だけでしょうか?

ただ、昨年も移籍で弱くなると思われたクイックステップでしたが年間最多勝をあげましたからねえ~。

若手の成長とアラフィリップとレムコに期待といったところでしょうか。

ちなみに、クイックステップに移籍の噂のあるサム・ベネット(BORA – hansgrohe)は未だに発表がないところが気になるところ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました