ロードバイクの情報を発信しています!

サガンがアンバウンド・グラベルで乗るSpecialized S-Works Crux

機材情報
Image credit: Specialized
この記事は約3分で読めます。

サガンは、コロナ感染するなど、春先から体調を崩していて、ロードレース復帰は6月10日からとなる。

その前に出場するのが、世界最大のグラベルレース、アンバウンド・グラベルだ。

 

サガンは、100マイルのレースに出場。TotalEnergiesのチームメイト、ダニエル・オスと共にS-Works Cruxでレースにのぞむ。

 

スポンサーリンク

Specialized S-WorksCrux

Image credit: Specialized 以下同様

 

S-Works Cruxは、世界最軽量のグラベルバイクと呼ばれており、フレーム重量は725g。完成重量も7.25kgと軽量だ。

 

 

サガンはグラベルデビューにあたり、シマノGRX 11-42ギアと1x42Tチェーンリングを選択。

1:1のギア比は、レースで丘陵ステージを走るサガンにとって、ローエンドで十分なものであるはずだ。

 

 

Cruxには3つのボトルケージマウントがあり、2つはダウンチューブに。もう1つはダウンチューブの下にある。

プロロードレースでは、パンクの瞬間、メカニックが新しいホイールを持って駆けつけてくれる。

だが、アンバウンド・グラベルではライダーは自分でタイヤ交換などしないといけない。そのため、ダウンチューブに赤いDynaplug Racerタイヤプラグツールを備えている。

 

 

CruxにはスペシャライズドのPathfinder Proタイヤが装着されている。シマノGRXブレーキとローバルテラCLXホイールを装着。

 

 

サガンは、パンクで有名なフリントヒルズの道路に対応するため、試行錯誤を重ねたSpecialized Pathfinder Proタイヤを採用。

 

 

サガンはS-Works Romin EVOのサドルを使用して走行する。

レムコ・エヴェネプールが、ベルギーワッフルライドで乗った時には、3DプリントされたS-Worksパワーミラーサドルを使っていけど、サガンは3Dサドルではない。

 

 

スペシャライズドの軽量ロードバイクAethosと同じ技術から生まれたCruxは、市場で最も軽量なグラベルバイク。Roval Terraカーボンハンドルバーは、軽量化に役立っている。

 

 

Cruxはシクロクロスバイクとしても使用できるが、サガンはまだその分野に進出していない。

さて、サガンのグラベルレースの結果はどうなるでしょうね。

 

スペシャライズド SPECIALIZED ターマック スポーツ TARMAC DISC Sport SL6 2018 54サイズ シマノ 105 R7020 11S カーボン ロードバイク
ノーブランド品
スペシャライズド SPECIALIZED ターマック スポーツ TARMAC DISC Sport SL6 2018 54サイズ シマノ 105 R7020 11S カーボン ロードバイク

コメント

タイトルとURLをコピーしました