ロードバイクの情報を発信しています!

レムコ・エヴェネプールがベルギーワッフルライドで乗ったSpecialized S-WorksCrux

機材情報
belgianwaffleride facebookより
この記事は約5分で読めます。

レムコ・エヴェネプールは、アメリカのスペシャライズドを訪問したあとに、カンザス州でベルギーワッフルライドに参加した。

 

チームメイトのマティア・カッタネオと共に出場。この時・レムコ・エヴェネプールが乗ったのは、スペシャライズドのS-WorksCruxだ。

 

スポンサーリンク

Specialized S-WorksCrux

Image credit: Specialized

 

S-Works Cruxは、世界最軽量のグラベルバイクとして登場。フレーム重量は56cmで725gだ。

レムコの身長は171cmなので、フレームは52cmくらいだろう。だから、フレームは更に軽い。

 

Image credit: Specialized

 

全体の完成重量はわからないけど、7.5kgを切っているのは間違いないだろう。多分、7.2kgくらいで、グラベルバイクにしては、超軽量となっているはずだ。

ボルトには、チームのスポンサーでもあるアルコールフリービールであるMaesPilsnerの名前が入っている。

 

Image credit: Specialized

 

バイクには、11スピードのShimano GRX Di2グループセットが付属。

このグループセットには、フロントに42Tチェーンリングが1つと、リアに11-40T DeoreXTカセットが付いている。

ペダリングは、172.5mmのクランクで、Shimano GRXチェーンセットを介して行われ、Shimanoの軽量XTRマウンテンバイクペダルを使用している。

 

Image credit: Specialized

 

バイクには、スペシャライズド独自のPathfinderProタイヤで包まれたRovalのTerraCLXグラベルホイールが装備されている。

 

Image credit: Specialized

 

Cruxは通常38cのタイヤがストックされており、47cまでのタイヤ幅を受け入れることができる、レムコは前後42cのタイヤを使用している。

 

Image credit: Specialized

 

フロントは、通常Rovalコックピットだが、Shimano PROに置き換えられている。

Supacazバーテープで包まれたVibe SL(超軽量)ハンドルバー。110mm PRO Vibeステムが使われている。

 

Image credit: Specialized

 

サドルは、3DプリントされたS-Worksパワーミラーサドルで、RovalAlpinistシートポストの上にある。

 

 

レムコは、このオフシーズンにシクロクロスにも挑戦するのかな。グランツールでも、グラベルライドが出てくるので練習しておかないといけない。

2021ジロ・デ・イタリアのようにグラベルで遅れていては、勝負にならないからだ。

 

レムコのS-Works Crux Spec

     

フレームSpecialized S-WorksCrux
グループセットShimano GRX Di2
ブレーキShimano GRX
ホイールセットRoval Terra CLX
ステムPro Vibe
ハンドルバーPro Vibe SL
ペダルShimano M9100 XTR
サドルS-Works Power with Mirror
タイヤSpecialized Pathfinder Pro 42c
コンピューターWahoo Elemnt Roam
ボトルケージTacx Deva
ボトルTacx

コメント

タイトルとURLをコピーしました