ロードバイクの情報を発信しています!

Standertからアルミフレームのレース対応グラベルバイクStandert Kettensäge登場

機材情報
Photo credit: backonthebus on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

2012年設立のStandertは、ドイツのベルリンに本拠地を置くフレームビルダー。

Standertは、グラベルバイクのフレームにアルミを使用したStandert Kettensägeを発表した。

Kettensägeは、ドイツ語で「チェーンソー」の意味がある。

 

スポンサーリンク

Standert Kettensäge

こちらはプロモーションビデオ

 

Standertは、統合されたケーブル配線をグラベルレースバイクにも適応。

究極のグラベルレースバイク、Kettensägeを作りだした。Dedacciai Aegisアルミニウムチューブを使用してイタリアで製造されたKettensägeには、違いを生む技術的メリットも備わっている。

 

SLT CeramicSpeedベアリングは、最も過酷なライディング シナリオ向けに作られている。

オイル封入固体プラスチックポリマーとステンレス鋼材料を特徴とするこれらのベアリングは、自己潤滑性、耐腐食性、メンテナンスフリーで、生涯保証付き。

統合型ヘッドセットの悩みを完全に取り除いている。

 

通常グラベルバイクでは、40mmのタイヤが選ばれることが多い。だが、荒れた状況ではより大きなタイヤが必要になる場合もあるため、このグラベルバイクには最大 700x45cタイヤを装着できる十分なスペースもある。

スライディングドロップアウトも後方にあり、ホイールベースを最大20mm延長して、オフロードの安定性を高めたり、より短くて機敏なハンドリングも実現可能。

 

アルミニウム製Standert Kettensäge グラベル レースバイクは、軽量のカスタムダブルバテッド Dedacciai Aegisアルミニウム チューブを手作業で溶接。北イタリアで手塗装されている。

合金フレーム (54cm) の重量は 1590g、カーボンフォークは 400g、完成車の重量は約 9.4kg。

 

Standert Kettensäge spec

 

配色には3種類がある。主な仕様は

  • フレーム : Kettensäge
  • フォーク : Standert フルカーボン一体型テーパード
  • コンポ : Shimano GRX 2×11 
  • ホイール :  DT Swiss CR1400 700c
  • タイヤ : Challenge Getaway 700x40c
  • ハンドル : Zipp Service Course SL XPLR
  • ステム : Zipp Service Course SL
  • シートポスト : Zipp Service Course SL Carbon
  • サドル : Fizik Vento Argo R1 140mm

 

コンポ、ホイールなどは選択可能となっている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました