ロードバイクの情報を発信しています!

ロマン・バルデはツール・ド・フランス出場を目指すがキャリアについては未定

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

ロマン・バルデはまだ33歳だが、フランス人クライマーは2024年がプロサイクリストとして最後のシーズンになる可能性を否定していない。

「心の奥底では、それが最後の年になるかもしれないと思っているが、今はまだすべてがオープンだ」と彼は以前語っていた。

 

スポンサーリンク

2024年が最後の年となるのか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Romain Bardet(@romainbardet)がシェアした投稿

 

ロマン・バルデは来年もdsm-firmenich PostNLでレースをするが、オランダチームとの契約は2024年末で切れる。

バルデは充電し、自分のさらなる将来について、そしてそれが自転車競技にあるのかどうかを考える時なのだ。

 

来シーズンには、チームとの契約が切れますが将来については?

今はまだ完全にオープンな状態。私はまだ自分の仕事を楽しんでいるけれど、今は評価し、タンクに何が残っているかを確認しなければならない年齢なんだ。

 

サイクリングに情熱はまだ持っていますか?

徐々に調子を落としていくライダーにはなりたくない。まだ実力を発揮できるようにしなければならないし、優れたライダーたちと競争したい。新しい年にどうなるか見てみよう。

 

今のところ将来を決めていないようですが、通常はツール・ド・フランスの直前に決めることになりますね。

ツールの前に次のステップを決めるつもりだけど、今はシーズンの前半に集中したい。まだ何ができるのか、どれだけのパフォーマンスを発揮できるのかをまず確認したい。

心の奥底では、今年が最後の年になるかもしれないと思っている。今はまだその可能性がある。

 

ロマン・バルデは、2016年(2位)と2017年(3位)にツール・ド・フランスの表彰台に上ったが、昨サイクリングシーズンはTeam dsm – firmenichのジャージを着て勝利することはなかった。

しかし、栄誉ある場所には立った。2023ツール・ド・スイスでは総合5位、2023パリ〜ニースと2023ツール・ド・ロマンディでは総合7位、2023フレッシュ・ワロンヌでは9位だった。

2023ツール・ド・フランスでは、第15ステージの下りで落車。脳震盪を起こし総合12位だったが、リタイヤしている。

 

38歳までは走りたくないとは言っているけれど、今一度山岳で駆け抜けるロマン・バルデの走りを期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました