ロードバイクの情報を発信しています!

Ridleyが不倫したLotto-Dstnyに激怒 これは我々にとって冷たいシャワーだ

機材情報
Photo credit: PiAir (Old Skool) on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

Lotto-Dstnyは2024年シーズンからRidleyのバイクに乗らないと言っている。

 

 

この事実は、明らかにRidleyの経営陣を不愉快にさせた。Ridleyは “不誠実さ “と “イメージダウン “について広範な反応を示している。

2025年まで契約があるのに、打ち切られるのだから不快感を表すのは当然だ。

 

スポンサーリンク

Ridleyの声明文

Ridleyはその後、Lotto-Dstnyのチームマネジメントを非難する声明を発表した。

Het Laatste Nieuwsのウェブサイトに掲載された声明の中で、この自転車ブランドはCEOのJochim Aertsを通じて「冷たいシャワー」について語っている。

 

Ridleyは、Lotto-Dstnyの新経営陣による報道リークが続いていることを受け、対応せざるを得ないと考えている。現在の契約は一方的に打ち切られ、12年間にわたる集中的かつ前向きな協力関係は紙くずとなった。

2021年、我々は当時の経営陣から現在の契約を破棄して延長するよう求められたが、チームとライダーを喜ばせるため、会社としてそれに従った。

2年後、チームのために設備の最適化に全面的に投資している時に、我々は冷たいシャワーを浴びている。

Ridleyのバイクはプロツアーにふさわしくないと、チームのCEOが主張したのだ。特に新しいタイムトライアルバイク、新型Deanには疑問があった。

 

しかし、アルノー・デリーが我々の新しい “Falcn “でどれだけのレースを制したか。

また、アレック・セガートが2022年9月16日、プロ契約にサインした際に、Ridleyの新しいタイムトライアルバイクが彼の決断に間違いなく一役買ったと述べているのを読むと、不思議な気持ちになる!

経済的理由により、長年にわたって成功を収めてきた協力関係が一方的に打ち切られたことを深く遺憾に思います。

Lotto-Dstny の経営陣は、ライダーが来年競争力以上の装備で最高レベルで競争できるように、今年も私たちが行った投資を忘れている。

この不誠実さ、イメージへのダメージ、そして失われた投資は補償されなければならないだろう。経済的な面で終わらなければならないのは残念だが、先ほども言ったように、会社と従業員の将来は私にとって神聖なものだ。

したがって、Ridleyは、受けた損害を修復するためにLotto-Dstnyの経営陣および/または取締役会が提案することを楽しみにしている。

 

一説によるとアルノー・デリーの複数年契約のために予算が足りなくなったと。それとアルノー・デリーがバイクに不満を持っていたとも言われている。真相は明らかではないが、両者の関係は、悲しい結末を迎えることになりそうだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました