ロードバイクの情報を発信しています!

TRedから超軽量6.3kgのチタンディスクロードREA Titanideが登場

機材情報
photo TRed
この記事は約4分で読めます。

イタリアのカスタムバイクビルダーTRedは、超軽量のREATitanideチタンロードバイクを発表した。

バワーメーターがついて6.3kg。バワーメーターなしだと6.1kgという超軽量な仕上がりとなる。

チタンバイクで、これほど軽いバイクは中々ないのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

TRed REA Titanide限定版超軽量チタンロードバイク

こちらはプロモーションビデオ
REA TITANIDE, la fuorilegge

 

TRedは、新しい軽量バイクプロジェクトをReaと名付けた。

Reaは、ゼウスの神話上の母親、12人の古代ギリシャのタイタンの1人。大地神Geaと天空神Uranoの娘であり、Reaはオリンポスの神々を誕生させ、最終的に反逆者となっている。

 

photo TRed

TRedは、Reaが元ヒロインではあるが無法者でもあると言っている。

そこで、UCIの6.8kgの重量制限を下回った、スーパーバイクが登場する。反逆と言ったところかな。

TRedは、これまでも6.8kgを下回る軽量バイクを登場させているが、今回はこれを更に上回るものだ。

 

photo TRed

Reaフレームは、TRedがFour.Tiチタンで作られておりTIG溶接されている。

これは、慎重に成形された独自の軽量tiチューブと、ボトムブラケット、ドロップアウト、および6/4チタンの固体ブロックから機械加工されたヘッドチューブを組み合わせたもの。

フレーム表面は、ハンドミラー研磨されたグラフィックを備えた特別なサンドブラストチタン仕上げを施している。

 

photo TRed

BBは標準T47ネジ式ボトムブラケットを採用。

 

photo TRed

ケーブルは、超軽量のスペイン製の手作りDARIMOカーボンツーピースエリプスコックピットを使用して完全に内部に配線されており、すべてを内部に隠して調整することができる。

ヘッドセットは、Deda DCR。

 

photo TRed

ジオメトリはReaで完全にカスタム化されており、TRed独自のLeHonardパラメトリックデザインソフトウェアを使用してユーザーに合わせてカスタマイズされる。

 

photo TRed

軽量化のために、SRAM Red AXSメカニカルブレーキグループセットを使用。

特別に仕上げられたCaneCreek eeWings tiクランクセットに、Sigeyi AXOパワーメータースパイダーを使用。48/35TCorbon-Tiチェーンリングが付いている。

 

photo TRed

シートポストも軽量なDARIMOのT215mm SBシートポスト。カーボンシートポストクランプは4g。サドルも軽量なGeluのカーボンサドル。

 

photo TRed

ホイールはTOOT。TORAY®T800UDカーボンリムでリムハイトは32mm。Vittoria CorsaSpeedタイヤが接着されている。

 

当然、これだけの軽量パーツを使ったスーパーバイクは高価で、完全なTRedRea超軽量チタンバイクは8990€(約110万円)から始まる。

 

公式インスタグラムでは発表されているが、公式サイトへの掲載はまだのようだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました