ロードバイクの情報を発信しています!

生理学的にみてタフィのルーベ復帰計画はそれほど不可能ではないかもしれない

https://s27394.pcdn.co/wp-content/uploads/2019/01/GettyImages-989632072-e1548958816315-1440x810.jpg 海外情報
Tour Of Flanders 2002, Photo by Tim De Waele
この記事は約8分で読めます。

アンドレア・タフィが53歳で復帰するというニュースが出たのは昨年のこと。

これについては以下で記事にしています。

 

そして、チームが見つかったというニュースも一時出ましたが、やはりそんなに甘くないのか復帰するチームは見つかってないようです。

53歳のTafiは、あなたが思うほど多くのパワーを失っていないかもしれない。 私達が年をとるにつれて起こる生理学的変化を詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

生理的課題は何か

http://www.cyclingnews.com/news/tafi-says-hes-found-a-team-for-2019/

アンドレア・タフィは、1999年にパリ~ルーベで勝利しました。その20周年記念日に再びパリ~ルーベを走りたいと考えています 。さて、彼は実際にレースで生き残ることができるのでしょうか。

 

53歳のアスリートとして、どのような生理的課題に直面していますか?

残念ながら、私達は生理学的実験室でAndrea Tafiをテストすることができません。彼のエンジンがどのように機能するのか、そしてWorldTourプロトンによってもたらされるストレスに耐えることができるかどうかはわかりません。

それでも、生理学の基本原則のいくつかを分析し、すべての高齢アスリートが直面する衰退を見ることによって、Tafiが直面するであろうパフォーマンス関連の課題のいくつかを解読することができます。

検証を続ける前に言っておきます。私たちはTafiの生理学的エンジンの全体的な状態に焦点を当てており、技術的なスキル、動きの早いプロプロトンにおける彼の身のこなし、および他のレース関連要素などを考慮に入れませんでした。

 

有名なコーチのJoe Frielによる「Fast After 50」に詳述されているように、年齢を重ねることによるパフォーマンスの低下に関連して3つの大きな変化があることが述べられています。

  1. 有酸素容量の減少(VO 2 max)
  2. 筋肉の収縮
  3. 有酸素能力の低下

 

しかし、過去5年間の新しい研究では、有酸素能力の低下は、特に以前考えられていたほど大きくはないことが示唆されています。

 

Tafiの老化した体は、彼のチャレンジを困難にする他の要因に直面しています。 専門家らは、Tafiの年齢ではパリ~ルーベで通用しないだろうと言いますが、必ずしも彼がパワーを欠いているというわけではない。

それは彼のエンジンが以前のやり方で調整されなかったことだけかもしれない。

以前のやり方とは何でしょう?

詳しく見てみていきます。

 

有酸素運動能力について

ごく最近までの調査によると、老化した運動選手のパフォーマンスが低下する原因として最も可能性が高いのは、有酸素運動能力の喪失であった。調査結果によると、年長のアスリートは単に運動中の筋肉に酸素を供給したり、若いアスリートと同じくらい効果的に酸素を使用することはできませんでした。

コーチであり生理学者であるTrevor Connorによると、老化と生理学に関する新しい研究はこの見解を変えています。今までの研究では、年齢効果は実際よりもはるかに悪く考えられていました。

「純粋な生理学的見地から、実際に正しく行われれば50歳でも競争力を持つことができます

とTrevor Connorは言います。

 

「おそらくあなたは、30歳の頃のように速くなることはできませんが、あなたが考えるほどそれほど大きくは減少しません

 

実際、研究の中には、アスリートが60歳代まで有酸素エンジンの改良を見ることができる、と示唆しているものもあります。 50代のレーサーは、実際には20代のレーサーよりもエアロビクス的に強くなる可能性があります。

 

それではなぜ彼らはそれほど競争力がないのでしょうか?

有酸素運動能力は、サイクリストの総合力の1つの要素にすぎません。 加齢によっても、嫌気的な力、つまり純粋な力を要する一分間の能力が大幅に低下し、そこでの損失が大きくなります。

研究によると、筋肉組織の組成は加齢とともに変化することが示されています。私たちは速筋線維を失います。 速筋線維が遅筋線維に変わることを示唆している研究もあり、これは好気性エンジンの改善を説明するものです。 その結果、大きくて強力な短期的な力が全体的に失われます。

そして老化した運動選手に起こる他の変化があります。

  • より多くの脂肪
  • より少ない筋肉

 

これらの変化は主に酵素的変化によるものです。 具体的には、リポタンパク質リパーゼ(LPL)は脂肪組織の蓄積につながります。若い男性では、テストステロンはLPLが非常に活発になるのを防ぎ、体の健康を維持するのに役立ちます。 私達が年をとるにつれて、テストステロンは少なくなり、それ故にLPLはそれほど制限されません。 そのため体重が増えますが、それは自然なことです。

 

その体重増加はパフォーマンスを低下させます。 VO2maxの式は、毎分キログラム当たりの酸素の体積である。 容量と体重との間の逆相関のために、体重が増加するにつれてVO2maxは減少する。

このように、アスリートが体重を増やすとき、多くの人がそうであるように、他のすべての要因が同じであるならば、筋肉は単に彼らが以前の体重と同じペースを維持するために、より懸命に働く必要があるでしょう。

言い換えれば、VO2maxはあなたが体脂肪や筋肉に加える体重の増加ごとに低下します。 これは、アスリートがより強い重力の引っ張りに直面しているとき、例えばヒルクライムなどでより関連性があります。フランス北部のパヴェでは、これはあまり重要ではありませんが、それでも要因になります。

サルコペニアとして知られている筋肉の同時減少があることを示唆する研究もあります。これは、テストステロン産生の減少が主な原因で40歳前後で始まります。成長ホルモンやインスリン成長因子など、筋肉の維持と発達に密接に関連する他のホルモンの変化もあります。

しかし、検討すべきことは、筋肉を精力的に使用し続けると、年をとっても損失を減らすことができるという研究が示唆していることです。 彼らが言うように、筋肉を使うようにして下さい。

そのため、Tafiが引退以来ずっと定期的にトレーニングを続けてきたと仮定すると、彼は20年前と同じくらいの筋肉量を持っているかもしれません。 彼もそう願っています。

 

伝説Ned Overendからの教訓

Tafiが直面している課題についてもう少し理解するために、50代まで強い力を維持することができた他のアスリートに目を向けてみましょう。

 

1990年にマウンテンバイクの世界初のチャンピオンとなった伝説のNed Overend。これ以上の例はありません。

https://www.bikeradar.com/news/article/interview-ned-overend-specialized-ambassador-18113/

Ned Overend

Overendは、50代のマウントワシントンヒルクライムなど、今でもレースで優勝しています。 今では彼は60代ですが、Overendはまだ毎週デュランゴの地元のプロとトレーニングしています。

彼は主に回復と健康の維持に重点を置いています。まず彼のエンジンに関しては、彼はあらゆる年齢の運動選手と競うことができる人物である。ただ、非常に高い強度が続くと彼でも対応出来ません。Overendがどのようにトレーニングするのか、彼がどのように「若く」いるのか。ただ、彼の最善の努力にもかかわらず高い強度の刺激には何年にもわたってゆっくりと変化してきたのです。

 

それで、Tafiはどうですか?

1999年のパリ~ルーベと2002年のツール・ド・フランドルの勝者であった世界一流のサイクリストのTafiは、かつてスポーツの頂点に立っていた並外れた運動選手であったということです。

問題は引退して彼はWorldTourレベルでのレースをしてなかったことです。

「彼はもう慣れていません」

 

これまでレースをしたことがある人なら誰でも、トレーニングで真のレース強度のキツサを再現することは事実上不可能であることを知っています。

 

その理由を示唆する研究はありませんが、レースの精神的側面がパフォーマンスに大きな影響を与えることを多くの人は知っています。レースは私たちを別のレベルへと導きます。

「Tafiは非常に長い間その激しさを経験せずにパリ~ルーベに入ろうとしています」

とConnorは言います。

 

「もし彼がカムバック出来たら衝撃になるだろうが、良い走りが出来たらこれまでのシステムにも精神的な衝撃も与えることになるだろう」

 

タフィのカムバックへの期限は2月末までです。仮に出場出来たとしても若い選手からの猛烈な攻撃はさけられないでしょうね。
年長のアスリートが能力を落とさないためには、若い頃と同じようにレースに出続ける必要とトレーニングはかかせないということもわかりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました