ロードバイクの情報を発信しています!

脊椎骨折から復帰したペトル・ヴァコッチが29歳で引退してしまう理由

海外情報
Photo credit: Edward Madden / dotcycling.com on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

2021年からAlpecin-Fenixで走っているペトル・ヴァコッチ。2015チェコロードチャンピオンでもある。

ペトル・ヴァコッチは、2018年1月末に南アフリカでDeceuninck – Quick Stepのトレーニングキャンプの最中にトラックと衝突。脊椎骨折で半年間寝たきりの生活をしている。

見事にカムバックして、今年はツール・ド・フランスに5年振り、2度目の出場となった。チームの中心選手として、これからも活躍してくれると思っていたのだけど。

10月13日のジロ・デル・ヴェネトが引退レースだと発表された。

 

スポンサーリンク

引退の理由

 

2016ブラバンツ・パイルを勝ち取った時のように、完全なトップレベルまでは戻ることが出来なかった。引退の理由には、身体の問題もあったようだ。

ペトル・ヴァコッチがfacebookで、その理由について語っている。

水曜日に開催されるジロ・デ・ヴェネトは、今シーズンの私の最後のレースであり、プロのロードサイクリストとしての最後のレースでもある。十分に検討した結果、前に進み、新たな挑戦に取り組むべき時だと判断した。

これまでの人生は素晴らしいものだった。子供の頃からプロのライダーになることを夢見ていたので、その夢を実現できたことに感謝している。

本当に素晴らしい人たちに囲まれて、信じられないほどの幸運に恵まれた。バイクに乗って生活するだけでなく、スポーツ界で最も成功している2つのチームのメンバーになることもできた。

自分自身が大きなレースに勝つことと、何十ものチームの勝利に貢献することの両方を経験した。

2018年1月に南アフリカでのトレーニングキャンプ中にトラックに轢かれた事故で負傷した後、私の目標は完全に回復することだけでなく、再びツール・ド・フランスでレースをすることだった。

幸運にも完全に回復する機会を得ることができ、その後は執拗なまでの決意で仕事をした。プロサイクリングの最高レベルに戻ってきたことは、私にとって本当に最大の勝利だと思っている。

今年のツール・ド・フランスを走ったことは、私にとって非常に感動的な出来事だった。そして、それはなんというツールだったのでしょう。黄色い夢の一部になるなんて想像もしたことがなかったし、そのすべてを楽しんだ。

しかし、その後の数週間で、この3年半は非常に負担が大きく、体が休息を求めていることに気づいた。心の中ではまだレースを続けたいと思っているが、心の中では深い満足感があり、人生の別の分野や新しいチャレンジに集中したいと思っている

一つの章は終わりを迎えるが、可能性はいくらでも広がっている。私はこれからも自転車にたくさん乗るし、おそらくオフロードレースにも出場するでしょう。

何年も前に私が始めたことですからね。また、大学で心理学の勉強を続けたり、栄養コンサルタントを始めたりするつもりだ。

これらの分野は、私が情熱を持って取り組んでいる分野であり、これまでのキャリアにおいて非常に役立ってきた。

この機会に、この旅を可能にしてくれた皆様に感謝したいと思います。特に、家族、友人、南アフリカでの事故の後、私の命を救い、完全に回復させてくれた医療スタッフ、アルペシン・フェニックス・サイクリングチーム@dDeceuninck – Quick-Step Cycling Teamのスタッフと選手、そして道路上でも道路外でも私に声援を送り、忘れられない旅をさせてくれたファンの皆さんに感謝している。

 

Deceuninck – Quick Stepで7勝。2016ブラバンツ・パイルの勝利を含め、2015チェコロードチャンピオン。

今年のストラーデ・ビアンケでは15位で走っており、トップレベルに戻りつつあったと思う。

走りたくても、身体がついてこないのならば仕方がないかもしれない。好きなライダーの一人だったのに引退するとは残念な限りだが仕方ない。

次の人生のチャレンジを頑張って貰いたい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました