ロードバイクの情報を発信しています!

南アフリカのニコラス・ドラミニがパークレンジャーに腕を折られる!

海外情報
pthot Nic Dlamini instagram
この記事は約3分で読めます。

NTT Pro Cyclingのニコラス・ドラミニ(Nicholas Dlamini)は南アフリカの黒人選手。プロトンでも目立っている選手だ。

不可解な事件で、ニコラス・ドラミニは腕を骨折してしまった。

国立公園の中で起った事件のようで、現在NTT Pro Cyclingは事件の真相を調査しているようだ。

 

スポンサーリンク

テーブルマウンテン国立公園でトレーニング中

ツイッターでも拡散されているのだが、ビデオで見てほしい。あまりにも理不尽な扱いを受けている。
SA cyclist Nic Dlamini injury: Who, where and why

ニコラス・ドラミニは、ケープタウンのテーブルマウンテン国立公園のシルバーマインセクションでトレーニングを行っていた。

保全当局であるSANParksは、ドラミニがシルバーマインセクションにあるゲート1にあるテーブルマウンテン国立公園に入場したと主張する声明を発表した。

国立公園に入るには、入場券や有効な活動許可証などが必要なようで不正なサイクリストなどを発見すると調査するようだ。

ドラミニはプロ選手であり、国立公園に入って練習する必要な要件を満たして準備して走っているはず。

事件のビデオ映像を撮ったLe Cokはドラミニと一緒に乗っていた訳ではないが、ドラミニがシルバーマイン・ロードでトレーニングしているのは目撃している。

Le Cokによると、ドラミニが公園を出るために自転車から降りようとした時に、6人のパークレンジャーの役人が彼の自転車のバーをつかんで止めようとした。

ドラミニは、こけてしまい上級レンジャー(彼を攻撃したビデオの男)に腕を取られた。

ここからひどくて、腕がカチッと折れる音がするまでひねり、ドラミニは「腕が折れた!」と叫んでいる。

あまりにもひどい行為で、サイクリストも一斉に批判。代表してクリス・フルームのツイートをあげておこう。

 

フルームは南アフリカに住んでましたからね。

 

 

入場券や有効な活動許可証を作成できなかったサイクリストだったのならば、ドラミニに非があるだろう。これについて詳細がわかれば追記していきたい。

ドラミニは、複合骨折で現在手術を待っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました