ロードバイクの情報を発信しています!

Campagnoloから幅広、エアロで軽量になったBORA ULTRA WTOとBORA WTO

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on VisualHunt.com
この記事は約5分で読めます。

Campagnoloは、フラッグシップモデルのBora Ultra WTO ホイールセットとBora WTO のラインナップをバージョンアップ。

どちらのホイールもリム内部幅は23mmと広くなっている。 軽量化も図れており、最軽量の Bora Ultra WTO 35 ホイールセットの重量は 1,285gとなっている。

更新されたホイールは、Bora Ultra WTO 35、45、60、および Bora WTO 35、45、60のホイールセット。

Campagnoloは1994年に最初のBoraを発売し、ホイールセットは現在12回目の更新となる。

 

スポンサーリンク

2024 Campagnolo Bora Ultra WTO & Bora WTO ホイール

こちらはプロモーションビデオ

 

Campagnolo BORAホイールの発売から 30年が経過し、最新のアップデートでは、2024 年に向けてBora Ultra WTOとBora WTOロードレース ホイールにいくつかの調整が加えられている。

WTOの名前は、エアロ性能が低空力抵抗に最適化されていることを意味している。WTOは (Wind Tunnel Optimized)の略。

Campagnoloは、ホイールのすべての部品(ハブ、スポーク、ニップル、リム)を社内で製造するというCampagnolo独自の立場を引き継ぎ、ほとんどのホイールメーカーよりも統合されたホイール全体を構築することができる。

 

リム自体は、HULC (Handmade Ultra-Light Carbon) レイアップで作られ、高度に研磨された金型にUV安定樹脂が使用され、内部のカーボンファイバーが途切れないようにスポーク穴が成形されている。

つまり、金型から追加の塗装、クリアコート、フィラーなどの必要はない。その結果、Campagnolo はプレミアムC-Lux 仕上げと呼ぶ、微妙な銅色のデカールを追加するだけだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Campagnolo Official(@campagnolosrl)がシェアした投稿

 

ホイール名のUltraはトップスペックのベアリングを示唆しており、Bora Ultra WTOホイールはすべて、CampagnoloのCULT(Ceramic Ultimate Level Technology)セラミックベアリングで回転し、内部抵抗を最小限に抑える。

内部にグリースはなく、軽油だけで、CULTベアリングは信じられないほどスムーズに回転し、最悪の条件でも長持ちすることが証明されている。

 

従来通り、2-Way Fitにも対応となっており、チューブレスタイヤも使用可能。

2-Way Fitとは

標準のクリンチャーとインナーチューブまたはチューブレスタイヤと一緒に使用することが出来るホイール。

 

ホイールセットの最新バージョンは、リムとタイヤの間にドロップ型のプロファイルを備えており、空気の流れとコントロールを最適化する。

Campagnoloによれば、これにより前モデルと比較して向かい風抵抗が13%減少し、15度の横風では80%に低下するという。

前世代と同様、Bora Ultra WTO ホイールはCampagnoloのAero Mo-Mag テクノロジーを利用しており、ニップルは専用のニップル シートに収まっている。

 

2024 Campagnolo Bora Ultra WTO & Bora WTO spec

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Campagnolo Official(@campagnolosrl)がシェアした投稿

 

Bora Ultra WTO

  • スポーク : フロント・リア共に21本  Aero楕円形、G3パターン
  • ハブ : CULTセラミック
  • リム高さ : 35mm、45mm、60mm
  • リム材質 : UD高強度カーボンファイバー
  • リム内部幅  : 23mm
  • リム外部幅 : 28.4mm
  • タイヤ互換性 : チューブレス、チューブレスレディ、クリンチャー
  • 2-Way Fit対応
  • 重量 : 1,285g(35mm)、1,325g(45mm)、1,395g(60mm)
  • 価格 :667,000円

Bora WTO

  • スポーク : フロント・リア共に24本  Aero楕円形、G3パターン
  • ハブ : USBカップアンドコーンベアリングシステム
  • リム高さ : 35mm、45mm、60mm
  • リム材質 : カーボンファイバー
  • リム内部幅  : 23mm
  • リム外部幅 : 28.4mm
  • タイヤ互換性 : チューブレス、クリンチャー
  • 重量 : 1,370g(35mm)、1,405g(45mm)、1,460g(60mm)
  • 価格 :469,700円

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました