ロードバイクの情報を発信しています!

サプライズ! ナイロ・キンタナがワールドツアーに復帰

海外情報
Photo credit: Maurizio Costanzo - mavik2007 on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

なんとなんと、所属チームが1年なかったナイロ・キンタナ。

様々なチームとの噂があったが、復帰したチームはなんとMovistar Teamだ。

これは電撃のサプライズ復帰と言っても良いだろう。

 

スポンサーリンク

1年契約

 

コロンビアでスポーツの歴史を変えた男の新たな希望。Movistar Teamは、ナイロ・キンタナが2024年にプロチームの一員となることを発表した。

2011年からアバルカ・スポーツとスポンサー契約を結んでいるテレフォニカ・ブランドにとって最大の成功を収めたサイクリストの一人である、スポーツ界のレジェンドに門戸を開く。

キンタナは2012年から2019年までMovistar Teamに所属。2014ジロ・デ・イタリア制覇、2016ブエルタ・ア・エスパーニャ制覇など輝かしい歴史をチームで達成している。

だが、ナイロ・キンタナは2022年10月以来チームに所属していない。トラマドールの検査で陽性反応が出たため、昨年のツール・ド・フランスの結果から除外された。

 

この鎮痛剤はWADAの禁止リストには載っていないが、UCIによって禁止されている。

その後、キンタナは数か月に及ぶ新しい雇用主を探し始めた。ようやくチームが決まったと言う訳だ。Movistar Teamにとっても、グランドツアーのリーダーが一人帰ってきたという感じか。

 

ナイロ・キンタナのコメント

故郷に戻れることに興奮している。タフな1年だった。不眠不休の日々、大きな犠牲を払った日々、雨の日も晴れの日もバイクに乗り、前を向いて歩こうとした。

でも、それだけの価値はあった。このチャンスを無駄にするつもりはない。チームの価値観、スポーツの価値観はわかっている。良い結果を出すために全力を尽くすし、最高の結果を得るためにチームに貢献したい。

Movistar Team、テレフォニカ、そしてチームのみんなに感謝している。心から、そして脚を使って、彼らのために、ファンのために、すべてを捧げるつもりだ。このサイクルがチームにとって多くの成功のひとつとなることを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました