ロードバイクの情報を発信しています!

ミラノ~サンレモは8月15日でクリテリウム・ドーフィネの最中に移動か?

海外情報
photo milanosanremo_official instagram
この記事は約3分で読めます。

イタリアのGazzetta dello Sport の報道によると、モニュメントの日程が大きく変更されるという。

UCIは金曜日にミラノ~サンレモが8月15日に開催されることを発表する。しかし、それはクリテリウム・ドーフィネの真っ最中となる。

当初、ミラノ~サンレモは8月8日に予定されていたが、イタリアはイル・ロンバルディアをこの日に持ってきたいようだ。

8月にイル・ロンバルディアが開催されるのでは落ち葉のクラシックではなくなるのではないの?

 

スポンサーリンク

イタリアはシャッフルを続ける

photo milanosanremo_official instagram

国際サイクリングユニオンUCIがサイクリングカレンダーの移動を少し前に発表したとき、イタリアの主要なレース日程は以下の通りだった。

  • 8月1日ストラーデ・ビアンケ
  • 8月8日ミラノ~サンレモ
  • 10月31日イル・ロンバルディア

しかし、主催者RCS Sportは、ストラーデ・ビアンケはそのまま8月1日に行うが、8月8日にはイル・ロンバルディアが行われるという。

もっとも被害の深刻な地域での開催を8月に行うとは、どういう判断なのだろうか?

8月23日には、全国選手権がはいる可能性が高い。

仮に、ミラノ~サンレモが8月15日に移動となった場合には、ゴールの到着時間をずらしてテレビ放送を調整するようだ。290kmにも及ぶレースのスタート時間はかなり遅くなる可能性もある。大変なのは選手とスタッフだ。

ジロ・デ・イタリアの主催者である、RCS Sportはジロとかぶっているブエルタの日程など、UCIに不満を持っており、まだまだ揉めることは間違いないだろう。

すべての詳細な日程は6月12日に発表される予定だ。

 

可能性のあるイタリアのレースカレンダー

8月1日:ストラーデ・ビアンケ
8月5日:ミラノ~トリノ
8月8日:イル・ロンバルディア
8月15日:ミラノ〜サンレモ
8月18日:ジロ・デッレミリア
8月20日:グランピエモンテ
8月22-23:イタリア選手権
8月28日:トロフェオマッテオッティ
8月29日:メモリアルパンターニ
8月31〜9月4日:セッティマーナインテルナツィオナーレコッピエバルタリ
9月5日:GPインダストリアeアルティジャーナトラルチャーノ
9月7〜14 日:ティレーノ・アドリアティコ
9月16日:ジロデッラ・トスカーナ
9月17日:コッパ・サバティーニ
9月20日:ジロデル ‘アッペニーノ
9月22日:トリッティコロンバルド
10月3〜25日:ジロ・デ・イタリア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました