ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツアー・オブ・ノルウェー第4ステージ 総合優勝となったのは?

海外情報
Photo credit: Jim_Nix on Visualhunt.com
この記事は約11分で読めます。

ツアー・オブ・ノルウェーは、4日間の最終ステージを迎えた。

第3ステージでは、イネオスのイーサン・ヘイターは周りを囲まれ上手くスプリント出来なかった。隣とぶつかっていたので、落車しなくて良かったくらい。

マッズ・ピーダスンが逃げて、最後はスプリントで勝つというスーパーな足をみせてくれた。

さて、最終ステージは、周回コースで最後はスプリントで決着がつきそうだ。イーサン・ヘイターがステージ3勝目となるのか見ものだ。

 

スポンサーリンク

第4ステージ  ヒナパーク~スタヴァンゲル 156.5km 

第4ステージ phto tourofnorway

 

クライマーが逃げれるほどの山岳はない。総合勢は最後の周回コースの登りで仕掛けるくらいしか攻撃が成功するチャンスはないかもしれない。

 

  1. 3級山岳 ウンドハイム 1.7km・3.9%
  2. スプリントポイント Orrevathet
  3. 3級山岳 グリサバッケン 0.9km・9.8%
  4. スプリントポイント  Stavanger
  5. 3級山岳 グリサバッケン 0.4km・9.8%

 

イーサン・ヘイターは、アシストがいない状態でも一人で全て対応していたけれど、総攻撃を受けるとどうなるだろう。ヨナス・ヴィンゲコーなど総合で遅れているのでアタックを連発しそうだ。

イネオスのメンバーは、イーサン・ヘイターを守り切れるのか、注目したい。

 

7人の逃げ

逃げているのは、プロチームの7人。残り68kmで3分20秒のタイム差。

  1. VANHOOF Ward (Sport Vlaanderen – Baloise)
  2. APPEL Stijn (ABLOC CT)
  3. BROGE Nils Lau Nyborg (BHS – PL Beton Bornholm)
  4. RHIM Brendan (EvoPro Racing)
  5. LEWIS Gruffudd (Ribble Weldtite Pro Cycling)
  6. KJELDSEN Christian Spang (ColoQuick)
  7. HJEMSÆTER Olav (Team Coop)

 

集団は、BORAとトレックが人数を出して引いている。トレックはマッズ・ピーダスンのステージ連勝を狙うつもりだ。

 

更に、イネオスも集団牽引にメンバーを送り出す。先頭はレオナルド・バッソ。わずか10kmで40秒タイム差を縮めてきた。

ちなみにイネオスの今回のメンバーは

  • 21  レオナルド・バッソ BASSO Leonardo
  • 22  ヨナタン・カストロピエホ CASTROVIEJO Jonathan
  • 23  フィリッポ・ガンナ GANNA Filippo
  • 24  イーサン・ヘイター HAYTER Ethan
  • 25  ルーク・ロウ ROWE Luke
  • 26  ベン・スウィフト SWIFT Ben

 

3級山岳 グリサバッケン 0.9km・9.8%

先頭は3級山岳を越える。大きな大会ではないので、KOMも看板だけ。

  1. BROGE Nils Lau Nyborg (BHS – PL Beton Bornholm) 4ポイント
  2. HJEMSÆTER Olav (Team Coop) 3ポイント
  3. VANHOOF Ward (Sport Vlaanderen – Baloise) 2ポイント
  4. APPEL Stijn (ABLOC CT) 1ポイント

 

先頭は2回目の3級山岳通過。ここには山岳ポイントはない。集団とは1分4秒の差となっており、あと10kmくらいで捕まりそうだ。

 

集団からロットのトッシュ・ファンデルサンドがアタック!

 

だが、様子見だったようで足を止めて集団を待っている。予行演習なのか?

 

スプリントポイント  Stavanger

T

スプリントポイントを先頭は通過。ラスト1周だ。

 

先頭はスプリントポイントを越えてから3人となる。

  1. VANHOOF Ward (Sport Vlaanderen – Baloise)
  2. HJEMSÆTER Olav (Team Coop)
  3. ROGE Nils Lau Nyborg (BHS – PL Beton Bornholm)

 

フィリッポ・ガンナが先頭を引き始めたので、タイム差がどんどん縮まっていく。

 

まずは、逃げからちぎれていた4人を吸収。あと3人だ。

 

3級山岳 グリサバッケン 0.4km・9.8%

3人はギリギリで3級山岳をクリアー。だが、すぐに集団に飲み込まれる。

 

ラスト3.3kmでイネオスのヨナタン・カストロピエホが先頭を引く。後ろはフィリッポ・ガンナ。

 

ラスト2.6kmからは、Uno-X Pro Cycling Teamが引く。

 

スプリントに向けて位置取り争い。

 

BORA-hansgroheが、先頭を二人で引く。マシュー・ウォールズでスプリント勝利を狙っている。

 

マシュー・ウォールズがニルス・ポリッツの後ろから発射態勢に入る。

 

ニルス・ポリッツのリリースを受けて、マシュー・ウォールズが先頭でゴールに進む。

 

マッズ・ピーダスンが、マシュー・ウォールズをまくりに入る。

 

ゴールは僅差でマシュー・ウォールズが先に駆け抜けた~。

マシュー・ウォールズは、オリンピックのオムニウムで金メダルを獲得。マディソンもイーサン・ヘイターと組んで銀メダルを獲得している。

トラックのスピードマンは、今シーズンの初勝利をあげた。

 

イーサン・ヘイターは、スプリントには加わらず、無難に集団ゴール。初の総合優勝を決める。今シーズンの勝利数は6勝。短い登りもいけるヘイターは、イネオスの若手のエースとなりそうだ。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第4ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe20303:25:16
2
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo1018,,
3
 HOELGAARD Daniel
Uno-X Pro Cycling Team512,,
4
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma 7,,
5
 VAN DER SANDE Tosh
Lotto Soudal 4,,
6
 KRISTOFF Alexander
UAE-Team Emirates 3,,
7
 BROGE Nils Lau Nyborg
BHS – PL Beton Bornholm 2,,
8
 HOELGAARD Markus
Uno-X Pro Cycling Team 1,,
9
 VAN DER LIJKE Nick
Riwal Cycling Team  ,,
10
 BEULLENS Cédric
Sport Vlaanderen – Baloise  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
11
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers20015015:15:00
22
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe1501100:15
33
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma125900:25
45▲1
 HOELGAARD Markus
Uno-X Pro Cycling Team100800:33
56▲1
 SHAW James
Ribble Weldtite Pro Cycling8570,,
64▼2
 AASVOLD Kristian
Team Coop7060,,
78▲1
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo6055,,
87▼1
 ERIKSSON Lucas
Riwal Cycling Team5050,,
99
 TRÆEN Torstein
Uno-X Pro Cycling Team40450:35
1011▲1
 BYSTRØM Sven Erik
UAE-Team Emirates35400:41

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma47
21▼1
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers41
35▲2
 HOELGAARD Markus
Uno-X Pro Cycling Team35
47▲3
 VAN DER SANDE Tosh
Lotto Soudal34
53▼2
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe32
68▲2
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo29
74▼3
 AASVOLD Kristian
Team Coop28
86▼2
 SHAW James
Ribble Weldtite Pro Cycling27
911▲2
 KRISTOFF Alexander
UAE-Team Emirates24
1010
 BYSTRØM Sven Erik
UAE-Team Emirates18

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 CHARMIG Anthon
Uno-X Pro Cycling Team22
27▲5
 HJEMSÆTER Olav
Team Coop14
3 
 BROGE Nils Lau Nyborg
BHS – PL Beton Bornholm12
42▼2
 RAHBEK Mads
BHS – PL Beton Bornholm9
53▼2
 IWERSEN Emil Schandorff
BHS – PL Beton Bornholm8
64▼2
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers7
75▼2
 VERWILST Aaron
Sport Vlaanderen – Baloise6
86▼2
 FOUCHÉ James
Black Spoke Pro Cycling Academy6
98▼1
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe5
109▼1
 MERTENS Julian
Sport Vlaanderen – Baloise5

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 SKJELMOSE JENSEN Mattias
Trek – Segafredo15:15:33
23▲1
 DONOVAN Mark
Team DSM0:20
34▲1
 KENCH Josh
Black Spoke Pro Cycling Academy0:47
45▲1
 WEULINK Meindert
ABLOC CT0:49
52▼3
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM1:10
66
 FISHER-BLACK Finn
UAE-Team Emirates2:12
77
 GRIGNARD Sébastien
Lotto Soudal13:42
88
 VANHOOF Ward
Sport Vlaanderen – Baloise13:57
910▲1
 ONLEY Oscar
Team DSM15:03
1012▲2
 JENSEN Frederik Irgens
BHS – PL Beton Bornholm21:34

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました