ロードバイクの情報を発信しています!

最強のリードアウト ミケル・モルコフがDeceuninck – Quick Stepと延長契約

海外情報
Photo by Jeroen Bosch on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

Deceuninck – Quick Stepの最強のリードアウトマン、ミケル・モルコフがチームと延長契約となった。

現在36歳のベテランだが、38歳となる2023年まで2年の延長契約だ。

ミケル・モルコフは、2018年にTeam Katusha AlpecinからQuick-Step Floorsに移籍。チームには6年在籍することになる。

 

スポンサーリンク

2023年まで契約は5人に

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Deceuninck – Quick-Step Team(@deceuninck_quickstepteam)がシェアした投稿

 

2005年Team GLSコンチネンタルチームでキャリアをスタートさせたモロコフ。2009年には、Saxo Bankでワールドチームへ。

2013年にはブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージで優勝している。Team Katushaには2016年から2年間滞在。

だが、Deceuninck – Quick Step以前のチームでは、スプリンターのためのトレインを形作っているチームはなかった。

ミケル・モルコフは、これまでエリア・ヴィヴィアーニ、アルバロホセ・ホッジ、ファビオ・ヤコブセン、ジュリアン・アラフィリップ、サム・ベネットをリードアウトしてきた。

来シーズン、サム・ベネットはチームにいない可能性が高い。

チームでは、サム・ベネットに変わるスプリンターを誰にするのか、未だに発表はない。だが、最後のリードアウトは、ミケル・モルコフで間違いないだろう。

 

オリンピックはトラックで出場

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michael Mørkøv(@michaelmorkov)がシェアした投稿

 

ミケル・モルコフはトラック競技もロードレースと平行して行っている。2020世界選手権トラックのマディソンでデンマーク代表として金メダルを獲得。世界チャンピオンとなっている。

東京オリンピックでも、デンマーク代表として出場する予定だ。2009年世界選手権では、マディソン、チームパシュートでも優勝しており、11年振りの勝利だ。

 

2023年までチームと契約しているのは5人のみ。

  1. ジュリアン・アラフィリップ
  2. カスパー・アスグリーン
  3. レムコ・エヴェネプール
  4. マウリ・ファンセベナント
  5. ミケル・モルコフ

チームの中心選手の一人として、リードアウトを務めるミケル・モルコフが入っているのはスプリントの重要性をチームが認識しているからに他ならない。

あとは、ミケル・モルコフがリードアウトするスプリンターが誰になるかだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました