ロードバイクの情報を発信しています!

ミッケルフレーリック・ホレノがウルフパックで1年契約更新

海外情報
photo Mikkel Frølich Honoré instagram
この記事は約3分で読めます。

ミッケルフレーリック・ホレノ23歳は、Deceuninck – Quick Stepと1年契約更新を果たした。

2018年8月から研修生としてDeceuninck – Quick Stepに所属。2019年の活躍をみての契約延長の判断だ。

何故ならは、2020年シーズンは骨折リタイヤしてましたからねえ~。

 

スポンサーリンク

2020年には2度の離脱

チームの公式ツイッターでも契約延長を報告。

ミッケルフレーリック・ホレノは、2018年に研修生扱いでレースに出場。アシストとしてしっかりと実績を出し、それが2019年の躍進につながる。

ジロ・デ・イタリアにも出場し2019年は66レースを走る活躍を見せた。

 

ただ、迎えた2020年シーズンは不運の連続。

まずは、トレーニング中に交通事故に遭い入院。これが1月のこと。

 

 

2度目は、フランスで行われた、Royal Bernard Drome Classicのワンデーレースで落車して入院。

診断の結果、脊椎骨に3つの骨折が見つかり2週間の完全休養。
 

そのまま、コロナでレースストップとなったので、良かったと言えるのかも。3月以来全くレースしてないのに、契約更新してくれるというのは嬉しいことだ。

 

The Wolfpackでの忘れられない最初の1年後、新しい契約が提示されたとき、私には疑いがありませんでした。

私には素晴らしいチームメイトがいて、それをさらに発展させて学ぶには完璧な環境だ。私を信じてくれたチーム、スタッフ、スポンサーに感謝したい。

と、走れてないシーズンなのに契約更新してくれたことに感謝している。

再開後のレーススケジュールはまだ決定していないが、オールラウンドに走れる力がありグランツールへの出場が期待される。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました