ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールの復帰レースが決定!  世界選手権ロードに向けてテスト

海外情報
Photo by Ben Mullins on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは、腰の影響のためにマウンテンバイク世界選手権に、ベネルクスツアーを欠場。

東京オリンピックで、腰を強打し、5月から痛めていた腰痛が悪化している。

 

結果的に、東京オリンピック以降レースをしていない。9月26日の世界選手権、パリ~ルーベの出場も微妙な感じだった。

しかし、Alpecin-Fenixは、マチュー・ファンデルプールの復帰レースを発表。まずは、満足いく走りが出来るのかテストすることになる。

 

スポンサーリンク

復帰レースは

 

1週間安定してトレーニングが行われており、テストとして9月12日のアントワープ・ボート・エピックを走ると発表された。ただ、4時間が最高というからどうなのか。

アントワープ・ポート・エビックは2018年からベルギーのアントワープで始まった1クラスのワンデーレース。

アントワープの港の周辺を回るレースで、綺麗な舗装路もあるけれど、47か所の未舗装路と石畳のセクションがあるコース。

昨年優勝はチームメイトのジャンニ・フェルメルシュ。まだ、確認されているメンバーは、マチュー・ファンデルプールとティム・メルリエしかいない。

ティム・メルリエもシクロクロスライダーなので、石畳のレースも全く苦にしない。マチュー・ファンデルプールは、ティム・メルリエのスプリント勝利のために、アシストとして走るのではないかな。

高低差はない。けれどマチュー・ファンデルプールの背中と腰の問題をテストするには良いレースとなりそうだ。

距離は170.25kmだけど、世界選手権は250km以上。腰や背中には、厳しいと思うのだけど、どうなるだろうか?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました