ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは圧倒的勝利にもかかわらず、最高の足ではなかったと語る

海外情報
Photo by Anelya Okapova on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは新年最初のレースX2Oバドカマー・トロフェー第5戦バールで優勝。実に4年連続でBaalのグランプリSvenNysを獲得した。

だが、レース後のフラッシュインタビューでマチュー・ファンデルプールは気分が良くなく、最高の足ではなかったことを認めている。

それでも勝ってしまうとは~。

 

スポンサーリンク

ゴール後のインタビュー

Mathieu van der Poel: "dit is een parcours waar ik graag kom"

 

マチュー・ファンデルプールは、確かに序盤は先頭グループにはいたが、トム・ピドコックから遅れを取っていたパートもあり、あまり調子は良くないようにも見えた。

その点について、語っているので聞いてみよう。

 

今日のレースでどう感じましたか?

良くない。厳しいレースだった。私は最高の足を持っていなかった。

トラックには、いくつかのストレッチで優位に立つことができるかもしれないと知っていた。そこで試してみた。このコースは大好きで、ルートが決まっているので、地面が少し固まっている。

だが、気分が良くなかった。ワウトも最高の日を過ごしていなかったような印象を受けた。

技術的に難しい下りがあり、その瞬間、意識的に攻撃するこにした。このコースは、超テクニカルなのにスピードを出すことができる。それが好きなんだ。

 

何度も走っているコースなので、ラインが頭に入っているんでしょうね。見ている限り、滑ったりしたミスは全くなし。スーパーな足ではなくても勝ててしまうところが凄い。

追っているワウト・ファンアールトはシフトの問題があり、追いきれなかったようだ。

 

こちらは1周目の7人のパックの時の映像

 

マチュー・ファンデルプールは、1月2日のCYCLOCROSS GULLEGEMにも出場する。スタートリストを見るとライバルはトム・ピドコックのようだ。

こちらは、多分マットな感じになるのでドロドロになりそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました