ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールが最もカッコよくツールを去る!

海外情報
Image by yabadene belkacem from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

プリモッシュ・ログリッチに続いて、ツール・ド・フランス第9ステージをスタートしない選手がいる。

昨日、マイヨ・ジョーヌを失ったマチュー・ファンデルプールだ。

第2ステージでマイヨ・ジョーヌとなってから、第8ステージまでマイヨをキープするという離れ業もやってくれた。

 

スポンサーリンク

チーム紹介で

Tiz-cycling スクリーンショット

 

マチュー・ファンデルプールは、レース前のチーム紹介にはしっかりと姿を現した。

だが、メンバー紹介の最後でマチュー・ファンデルプールは、ここでツールを離れることを発表。

マイヨをタディ・ポガチャルに明け渡して、あっさりと立ち去るなんて。

なんとカッコいい!

ここまでチームは、ステージ2勝。自らもミラクルなミッションを達成してのマイヨだ。

 

個人タイムトライヤルでマイヨを失うと思っていたけど、一夜漬けの装備とボジション調整で切り抜けてしまう。

第7ステージでは、マイヨ・ジョーヌ自らが200kmに渡って逃げるという離れ業も見せてくれた。本当にこんなレースは見たことがない。

ツール初出場のプロチームが勝利することだけでも凄いのに、マイヨ・ジョーヌを6日間も着用してレースするとは。

しかも、コントロールではなく攻撃をマイヨ・ジョーヌがするのだから、これほど面白いことはない。

マチュー・ファンデルプールは、これから東京でのマウンテンバイクでの金メダルが目標となる。これから日本で調整すれば十分間に合うだろう。

なによりも、日本の蒸し暑さに慣れておかないと絶対にベストで走れない。

是非、マイヨ・ジョーヌから金メダルへの道を歩んで歴史を作って欲しい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました