ロードバイクの情報を発信しています!

サントス・サイクリングフェスティバルで活躍したルーク・プラップがイネオス・グレナディアーズに移籍か?

海外情報
Photo credit: szeke on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

サントス・サイクリングフェスティバル第3ステージのウィランガヒルでリッチー・ボートに一人だけついていったルーク・プラップ(InForm TMX Make)。

ルーク・プラップは、オーストラリア選手権TTでも優勝。

 

サントス・サイクリングフェスティバルで活躍した、20歳の若者は多くのワールドチームから注目を集めていた。

噂によると、オーストラリアの若者は、イネオス・グレナディアーズに移籍すると言われている。

 

スポンサーリンク

9以上のワードチームがオファー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@lukeplapp)がシェアした投稿

 

サントスサイクリングフェスティバルでは、最終的にルーク・ダブリッチ(Team BikeExchange)に続いて総合2位でゴール。

その後から、電話は鳴りやまなかったそうだ。

 

少なくともオファーを出したチームで分かっているのは

  1. BikeExchange
  2. BORA-hansgrohe
  3. UAE-Emirates
  4. EF Education First-Nippo
  5. Team Jumbo-Visma
  6. Team DSM
  7. Trek-Segafredo
  8. INEOS Grenadiers

9つ以上のワールドチームの契約が用意されていたという。

決め手となったのは、優れた設備を備えた、適切に構成されたチームであること。オーストリアからヨーロッパに行くので、チームの専門的なガイダンスがある所が優先された。

そうなると、資金力がありオーストリア出身のローハン・デニス、リッチー・ボート、キャメロン・ワーフの同郷の先輩がいるチームは言うことがない。

リッチー・ボートとはサントス・サイクリングフェスティバルで一緒に走っているし。

さらに、コーチのティム・ケイリソンとリー・ブライアン、スポーツディレクターのブレッド・ランカスターもダウンアンダーに出場している。

ルーク・プラップにとっては願ってもない話だろう。

 

まずはオリンピック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@lukeplapp)がシェアした投稿

 

ルーク・プラップはオーストラリアのオリンピック代表選手でもある。団体追い抜きのメンバーの一人で、金メダルを目標としている。

2020年2月末にベルリンで行われたトラックサイクリング選手権では、オーストラリアは4位となっている。

ルーク・プラップはロードでは、全く欧州で走っていない。海外での記録は、2018年世界選手権ジュニアタイムトライヤルで2位。

この時の優勝は、レムコ・エヴェネプールだ。同じく世界選手権ロードジュニアでは50位でフニッシュしている。

今年、サントス・サイクリングフェスティバルで目に止まらなければ、今回のオファーもなかっただろう。

欧州以外から、プロになる道はとても狭く難しい。ルーク・プラップは見事にチャンスを掴んだ。しかも、最高のチームと契約するとなると将来は明るいはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました