ロードバイクの情報を発信しています!

2024 サントス・ツアー・ダウンアンダー第3ステージ ルーク・プラップは大落車で総合優勝を忘れる

海外情報
UnsplashTonikが撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

ダウンアンダー第3ステージのゴール手前10kmで起こった落車。一番下に折り重なっていたのは優勝候補筆頭のルーク・プラップだった。

この落車で被害を受けたのは

  • ルーク・プラップ INEOS Grenadiers 背中打撲と擦過傷
  • クリスチャン・スカローニ Astana Qazaqstan Team 右手首
  • サムエーレ・バスタチッラ Astana Qazaqstan Team 背中に打撲
  • ミケーレ・ガッツォーリ Astana Qazaqstan Team 膝の打撲
  • ルディ・モラール Groupama – FDJ 脳震盪

 

Astana Qazaqstan Team の3人はレース続行となるけれど、二人は戦列を離れることになってしまった。

 

スポンサーリンク

ルーク・プラップ Team Jayco AlUla

 

一番下に折り重なっているのがTeam Jayco AlUlaのルーク・プラップ。なんとか走りだしたけれど、その背中はひどいことになっていた。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット

ルーク・プラップは9分53秒遅れてゴール。この時点で秒差を争うツアー・ダウンアンダーでは総合優勝を狙うことは出来なくなった。

 

 

背中のジャージを大きく破れ、ゴール後は左肘に大きく包帯が巻かれていた。そして、朝になりルーク・プラップはスタートしないことがチームから発表されている。

これからウィランガヒルを迎えて勝利を目指して走るところだっただけに残念。

2021サントス・サイクリングフェスティバル第3ステージのウィランガヒルでリッチー・ポートに一人だけついていったのが、ルーク・プラップ(InForm TMX Make)だ。

当時は20歳。これで注目されてINEOS Grenadiers入りとなっている。

 

ルーク・プラップは、ミスターウィランガヒルと呼ばれたリッチー・ポートの後釜だと思っていたけれど、とても残念。

これで、Team Jayco AlUlaは、ルーク・プラップが総合を狙うという目標はなくなった。ここからは、サイモン・イェーツが山岳ステージで脚を見せなければならない。

ただ、サイモン・イェーツはツール・ド・フランスを目標としており、ルーク・プラップのようにジロ・デ・イタリアを目標としていた訳ではない。

まだ、調整している段階なのでウィランガヒルで大きな期待をかけるのは酷だろう。ルーク・プラップは、カデルエバンスオーシャン(1月28日)に出場予定だけど、大丈夫だろうか。

そして、2月には昨年総合2位となったUAEツアーもある。ケガを治して出直さないといけない。

 

ルディ・モラール Groupama – FDJ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rudy MOLARD(@rudymolard89)がシェアした投稿

 

Groupama – FDJのルディ・モラールは、その場でリタイヤとなり病院搬送された。脳震盪と擦過傷と打撲。

Instagramでは「もっとひどいことになってたかも! すべて良い、ただ時間が必要 🧘🏽 ♂️」と書いている。

Groupama – FDJの発表では、24時間監視態勢の元におかれると書かれている。ルディ・モラールも、カデルエバンスオーシャン(1月28日)に出場予定だけど、間に合うだろうか。

脳震盪があるので、フランスに戻ってしまうかもしれない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました