ロードバイクの情報を発信しています!

ルーカス・ハミルトンは2021シーズンGreenEdge Cyclingの次期エースとなる

海外情報
Image by Gerd Altmann from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

2021シーズンから、Mitchelton-Scottは、GreenEdge Cyclingにチーム名が変わる。

タイトルスポンサーだった、Scottは、Team Sunwebのバイクスポンサーに。GreenEdge Cyclingのバイクスポンサーはビアンキとなる。

 

簡単にこれまでのチーム名を振り返ると

2012年:GreenEdge Cycling

2012年~2016年:Orica GreenEDGE 

2016年:ORICA-BikeExchange

2017年:ORICA-Scott 

2018年~:Mitchelton-Scott 

結局、2012年のチーム名に戻ったことになる。

チームの次期エースと指名されているのはルーカス・ハミルトン(Lucas Hamilton)24歳。

ハミルトンは、2022年まで2年の延長契約を結んだ。

 

スポンサーリンク

次期エース

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mitchelton-SCOTT(@mitchelton_scott)がシェアした投稿

 

チームからは、アダム・イェーツがイネオスに移籍する。残るのはサイモン・イエーツ。

ジャック・ヘイグも来シーズン移籍。2021年から、Bahrain Victoriousとなるチームに移籍。

そして、チームキャプテンだった、ダリル・インピーも移籍するのだから戦力は厳しい。

 

チームに4年振りに戻ってくるマイケル・マシューズは総合系ではない。ルーカス・ハミルトンの成長ぶりから、チームは次期エースと名指したのだ。

ルーカス・ハミルトンは、2019ジロ・デ・イタリアではサイモン・イエーツをアシストしながらも総合25位。

2020年、ティレーノ-アドリアティコのステージ4でワールドツアーで初勝利を収めた後、チームメイトのサイモンイェーツが総合タイトルを獲得するためにアシスト。

2020ジロではサイモン・イエーツがコロナ陽性反応により、チームは撤退。

ルーカス・ハミルトンは、第9ステージまで総合15位だった。最後までレースしていれば、更に上位に位置したかもしれない。

アダム・イエーツがチームを去ったことにより、ルーカス・ハミルトンがグランドツアーでリーダーとなる可能性は高い。次期エースとして走れることを期待しておこう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました