ロードバイクの情報を発信しています!

Lotto SoudalがTeam Qhubeka NextHashの未契約の二人を追加 何故今なのか?

海外情報
Photo credit: waterboyzoo on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

Lotto Soudalがシーズン途中で二人のライダーの契約を発表した。

少し前からニュースがあったけど、チームは正式にTeam Qhubeka NextHashで走っていた二人を5月1日から契約する。

  • レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ)
  • カルロス・バルベロ(スペイン)

 

シーズン当初から契約しておけば、二人のUCIポイントが加算されていたはず。特にレイナルト・ヤンセファンレンズバーグは2022年に多くのUCIボイントを獲得している。

二人がシーズン途中の契約となったのには理由がある。

 

スポンサーリンク

レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ

 

レイナルト・ヤンセファンレンズバーグは所属チームなしで2022年に

  • 南アフリカ選手権TT  5位 10ポイント
  • 南アフリカ選手権ロード 優勝 100ポイント
  • アフリカコンチネタルTTT 2位 13.75ポイント
  • アフリカコンチネタルTT  6位 13.75ポイント
  • アフリカコンチネンタルロード 2位 200ポイント

実に337.5ポイントも稼いでいる。

 

これは、現在のLotto Soudaで言えば

  1. アルノー・デライ 660ポイント
  2. ティム・ウェレンス 562ポイント
  3. ヴィクトール・カンペナールツ 363ポイント

4番目の稼ぎ頭となり、カレブ・ユアンの277ポイントよりも多い。

Lotto Soudalは2022年末にワールドツアーから脱落する可能性がある。

 

レイナルト・ヤンセファンレンズバーグの337.5ポイントがあれば、上位チームを抜くことが出るのに加算はされない。

シーズン途中で契約した場合には、前のチームのポイントになってしまうのだ。

 

では、何故シーズン当初から契約しなかったのか?

シーズン当初Lotto Soudalは28人で契約。これには先を見越してケガ人が出た場合のことを考えていたようだ。それと予算の問題もあり最小人数での契約となっていた。

 

現在Lotto Soudalは二人の故障者リストを抱えている。

  • ジェラド・ドリズナー
  • カミル・マウェツキ

二人のシーズン途中の加入は、故障で走れないライダーを補完するためのものだった。ただ、UCIポイントも考えておく必要があったのは後の祭りだ。

 

スポンサーリンク

カルロス・バルベロ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Carlos Barbero(@barberocbc)がシェアした投稿

 

カルロス・バルベロはインスタグラムで以下のようにコメント

ロット・スーダルでレースすることを発表できて嬉しい🔴⚪️、超嬉しいし、彼らの信頼に応えようとやる気満々だ😉。

この数ヶ月は大変な時期だっが、私は希望を失わず、一日も欠かさずトレーニングに励んだ。

雨の日も、寒い日も、トレーニングに励んだ。プロのアスリートとしてあるべき生活を送り、何かを犠牲にし、細部にまで気を配り、最後にはそのすべてが報われる。
.
辛い時の良いところは、偽りの友人関係から遠ざかることです。私は、いつも誰がいるのかをはっきりさせました。

 

カルロス・バルベロは、30歳のスペイン人でキャリア12勝を上げている。ここまで、年初から契約もなく練習だけを続けていくのはとても辛かったと思う。

カルロス・バルベロも、2020年に126UCIポイントを稼いでいる。二人は、チームのUCIポイント獲得のために十分な働きをするはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました