ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス Jumbo-Vismaは大落車を引き起こしたスマホの男性を告訴に

海外情報
TumisuによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

Jumbo-Vismaは、日曜日のツール・ド・フランス第15ステージでセップ・クスを転倒させた観客に対して法的措置を取ることを決定した。

すでに犯人は特定されている。これは2年前のツール・ド・フランスと同じ状況となる。

 

スポンサーリンク

多くのライダーが被害に

 

ツール・ド・フランスの第15ステージ序盤で大規模なクラッシュが発生したが、原因は観客がスマホを持ってフェンス越しにぶら下がっていたこと。

 

当の本人は伸ばした腕でセップ・クスを殴った。この落車で、チームメイトのネーサンファン・フーイドンク、エガン・ベルナルらは転倒。

乗車後、ネーサンファン・フーイドンクは検査のために病院へ行ったが、骨折は見つからなかった。

憲兵隊は事件後に捜査を開始することを決定し、観客が誰であるかを突き止めることができたと報じている。

それはアヌシーに住む誰かだという。したがって、Jumbo-Vismaはこのまま放置せず、観客を告発することを決定した。

「私たちは必ずその人物から費用を回収するよう努力する。物的損害も非常に大きい。

さらに、ライダーたちはかなりボロボロになっている。打撲傷、擦り傷がたくさんある。それは間違いなく次週の重荷となるだろう。」

 

裁判となれば長くなりそうだけど、これが普通になってはいけない。ファンの声援があってこそのツールであり、一緒に作り上げていくものだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました