ロードバイクの情報を発信しています!

UAE Team Emiratesのフアン・アユソーは2024ツール・ド・フランスを目指す

海外情報
UnsplashBrett Jordanが撮影した写真
この記事は約6分で読めます。

UAE Team Emiratesの若きエース、フアン・アユソーは、シーズン序盤は原因不明とも言える足の痛みで中々シーズンインできなかった。

 

ツール・ド・ロマンディで復帰。第3ステージの個人タイムトライヤルでリーダージャージとなるが、クイーンステージで遅れてしまい、維持することは出来なかった。調整不足、走り込みの不足は明らかだった。

 

ツール・ド・スイスでステージ2勝をあげて総合2位へ。2023ブエルタ・ア・エスパーニャで総合4位で終えている。最後は尻上がりに調子を戻してきた感じだ。

来シーズンの目標について語っているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

来シーズンはツールへ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Juan Ayuso(@juann_ayuso)がシェアした投稿

 

2023年のデビューが遅かったのは、長いケガのせいだったわけですが、ベストの状態に戻れるかどうか疑ったことは?

トンネルの先に光が見えず、苦しみ、耐え忍び、基本的に信念を貫くしかなかった。怪我以上に問題だったのは、何が起こっているのかよくわからないという不確実性で、良くなる直前には、ブエルタさえも危うくなり始めているのがわかった。

それでも、ブエルタの前にベースを作れるように、解決することができた。

 

スイス、そしてロマンディで優勝して戻ってきましたが、今年は一歩前進したと感じていますか?

バレンシアでのシーズン開幕直前には、昨年1月の時点からほぼ2歩前進したと感じていた。昨年はまだワールドツアーで勝てていなかったのに、今年は3勝もできたのだから。

ラ・ブエルタでは、順位が悪くなったとはいえ、表彰台に上ったときよりもずっとレベルが上がったと思う。2024年にはさらにジャンプアップして、6人の選手に近づきたい。

 

あなたとINEOS Grenadiersのカルロス・ロドリゲスは、偉大な勝利を運命づけられたスペインの新世代サイクリストをリードしています。 その責任を感じて楽しいですか?

自分にとってはモチベーションとなる。プレッシャーはどうしたものかと聞かれることが多いんだ。おそらく、プレッシャーにうまく対処できるけれど、最悪のプレッシャーは自分自身にかかるものだと思う。

結局、自分に一番厳しく、自分に一番要求しているのは自分であり、実力を見せつけたいという欲求なんだ。外からのプレッシャーは影響しない。

人々が私を信じ、共にいてくれ、あらゆる成功を収めるのを見たいと願ってくれているのがわかる。だから、それは何よりも誇りなんだ。

 

ポガチャル、ログリッチ、レムコ・エヴェネプール、ヴィンゲゴーに近づくために足りないものは?

経験とは別に、成熟度が少し足りない。年々進歩しているし、停滞していると感じたことはない。だから、彼らのレベルに到達するためには、自分も同じように進歩し、停滞しないようにしなければならないと思う。

 

ジロとツールのルートを見て、どちらが好きですか?

原則として、イタリアのスタート地点に立ちたい。年前にチームにお願いしたことだ。表彰台でフィニッシュした時、論理的にはラ・ブエルタに戻って改善を試みることだったけれど、結局そうはいかなかった。

来年はもう一段階ジャンプアップして、ツールでベストを尽くせるようにしたい。

ルートは過酷で、長い上り坂があり、高地での消耗が激しく、まさにツールスタイルだ。ツールに出場したことがないから、それが自分にとって良いのか悪いのかわからないけど、本当に挑戦してみたいんだ。

 

来年の予定は?

ツールさえうまくいけば、何の問題もないし、止める必要もない。もちろん、最初の週や途中でツールを断念しなければならないなら、ラ・ブエルタという選択肢もある。

でも原則的には、すべてがうまくいけば、今年はツールに集中し、その後、オリンピックとワールドカップのスペイン代表チームとの重要なアポイントメントがある。

 

ポガチャルがチームリーダーになったことで、フランスラウンドでは自由が利くようになるのでしょうか?

そうだね。僕のアイデアと野心は、タデイがチームにいることを承知でトライすることなんだ。ブエルタでのJumbo-Vismaの走りはすでに見てきた。現代のサイクリングは変化していると思うし、明らかにタデイは世界ナンバーワンだ。

だから、他のチームにプレッシャーをかけ、決断を迫れるような、第2の切り札になることも考えている。

 

今後、長期的に見た場合、ポガチャルと同じチームで目標を共有することは問題になり得ますか?

これまでのところ、彼ともチームメイト全員とも、すべてがうまくいっている。チーム内では常に自分のスペースがあり、彼らは常に僕を尊重してくれている。

だから僕は批判もできないし、何も言うことはできない。僕らがどこにいて、誰と一緒にいるのかを常に把握しながら、タデイをリスペクトしつつ、自分のスペースも確保する。

 

グランツールでJumbo-Vismaを打ち負かすには、チームにまだ何かが足りないのでしょうか?

ブエルタでJumbo-Vismaがやったように、最も論理的なことは、ツールにチームリーダー全員を集めることだ。すべてがうまくいけば、問題なく彼らと対峙できる。

 

まだあなたの姿を見たことがないステージのひとつが、クラシックやモニュメントです。 この挑戦も考えていますか?

もちろん。2022年のクラシックの時は体調を崩してしまい、うまく走れなかった。今年はケガで行けなかったけど、計画には入っていた。2024年はアルデンヌに挑戦するつもりだ。

 

一般論として、来シーズンに何を求めますか?

怪我がないこと、何の問題もないこと、最高の自分を提供できること。健康であること、転倒しないこと、大きな問題のない1年であること。ただ人生を楽しむために。

 

アユソーはまだ21歳。来シーズンにツールに出場となると、UAE Team Emiratesのメンバーも強くなる。アダム・イェーツ、アルメイダと駒は揃っている。

どのようなツールのメンバーとなるか、それも楽しみの一つとなりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました