ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaのティシュ・ベノートがトレーニングで落車 今シーズン絶望か?

海外情報
Photo by Obi - @pixel6propix on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

嬉しくないニュースが入ってきている。

Jumbo-Vismaのティシュ・ベノートが、トレーニング中の下り坂で落車。現在、病院に入院している状態だ。

 

スポンサーリンク

命に別状なし

 

8月6日土曜日に、ティシュ・ベノートは、ワウト・ファンアールトと共に、ベルギーでトレーニングを行っている。

220kmの移動の後、イタリアのリヴィーニョで高地トレーニングを行い、シーズン後半戦に備えることに。

チームメイトや他の仲間のライダーはおらず、妻のフィエンと娘のロースだけが一緒にいる。

家族で高所トレーニング合宿。しかし、ベノートは下り坂で転倒。それが車によるものかどうかは、まだわからない。

この事故で数カ所の骨折を負ったが、重要な臓器には影響がなく、ベノートの命に別条はないとのことだ。

首を痛めたということだが、手術などの必要はないとの情報も。

ケガの正確な内容については、昨日まで伏せられていた。今、一番心配なのは、いつ本国へ送還されるかということになる。

ティシュ・ベノートは、今シーズンを早くも終えることになった。

もともと彼のプログラムには、ハンブルクのベーマー・クラシック、ツアー・オブ・ドイツ、カナダのレースが含まれていた。

また、オーストラリアで開催される世界選手権では、ワウト・ファンアールトのアシストとして参加する予定だった。

しかし、トレーニング中の事故により、そのチャンスは失われてしまった。

ティシュ・ベノートは、今年Team DSMからJumbo-Vismaに移籍。ドワルス・ドール・フラーンデレン2位。アムステルダムゴールドレース3位と活躍している。

ツールでは、ヨナス・ヴィンゲコーのイエロージャージ獲得、ワウト・ファンアールトのグリーンジャージ獲得に重要な役割を果たした。

直前では、クラシカ・サンセバスチャンでも3位に入っていた。チームがティシュ・ベノートなしで後半戦を戦うのは厳しい。

詳しい情報が入れば追記したい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました