ロードバイクの情報を発信しています!

Israel – Premier TechのGMシルヴァン・アダムスが世界選手権で勝利

海外情報
Photo credit: Paul Kagame on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

少し前に、クリス・フルームについて批判的なコメントを出していたIsrael – Premier Techのオーナーである、シルヴァン・アダムス。

 

シルヴァン・アダムスは、億万長者だけど40歳から自転車を初めてのめり込んでいる。

 

スポンサーリンク

マスターズの65~69歳のグループで優勝

 

2023年UCI世界自転車選手権大会で、Israel – Premier Techのオーナーであるシルヴァン・アダムスは、マスターズの65~69歳のロードレースで優勝した。

11月に65歳になるアダムスは、チャンピオンシップの個人タイムトライアルでも同年代グループで1位。

シルヴァン・アダムスは、2017年イギリスのマンチェスター世界選手権など、数多くの国際大会で優勝している。

しかし、イスラエルの自転車選手としては初の世界選手権なので、今回の勝利は特に重要だと語っている。彼は以前、カナダの国旗の下で競技していた。

 

シルヴァン・アダムスのコメント

タイムトライアルで勝てたことを非常に誇りに思う。この種目は、ロードレースのような駆け引きがないため、真実のレースとして知られている。強い選手が勝つことがほとんどだ。

先週のロードレースで優勝した私にとって、世界選手権での2冠達成という、このスポーツでは非常に珍しいことを成し遂げた。

これはまた、ベロドロームでの2つの世界選手権タイトルに加え、このスポーツで勝ちたいと願ったあらゆる可能性のある目標を達成したことを意味する。

でも、このスポーツが大好きなので、2024年にデンマークでタイトルを防衛する計画をすでに立てている。もちろん、今年10月にマンチェスターで開催される2023年世界マスターズ・トラック選手権もね。

厳しい練習の成果が報われてうれしいし、イスラエル代表として世界タイトルを獲得できたことを誇りに思う。

私たちの国歌『ハティクヴァ』が演奏されると、私の目は涙を流した。私はそれを感情的に歌った。

 

自転車チームのオーナーが自ら世界選手権で優勝してしまうなんて、凄いことだ。しかも、40歳から始めた自転車で、現在は世界のトップとなっているのも凄い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました