ロードバイクの情報を発信しています!

Groupama – FDJが3選手の移籍発表

海外情報
Photo credit: DancingOnThePedals.net on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

Groupama – FDJに3人が移籍してくる。

  • スヴェンエリック・ビストラム Intermarché – Circus – Wanty
  • レミ・ロシャス Cofidis
  • クレモン・ルッソ Team Arkéa Samsic

 

スポンサーリンク

スヴェンエリック・ビストラム 2年契約

 

2014世界選手権U23チャンピオンのスヴェンエリック・ビストラム31歳。2014年にTeam Katushaのtrainee(研修生)としてプロキャリアをスタート。

2018年からUAE Team Emirates。2022年からIntermarché – Circus – Wantyと走っていた。2020ノルウェー王者でもある。

 

スヴェンエリック・ビストラムのコメント

これはトップアスリートとしての私のキャリアに新たな章が始まるものであり、多くの欲望と興奮をもたらす新しいプロジェクトだ。

Groupama-FDJ サイクリング チームは、非常によく組織されたフランスのチームで、非常に才能のあるライダーがいる。

私の目標は、可能な限り彼らに同行することだ。リーダーたちと協力し、彼らとともに重要な役割を果たすことをすでに楽しみにしている。

プロの自転車プロトンで 9 年間活動した後、私は自分の経験のすべてを最年少ライダーたちのために尽くします。

 

レミ・ロシャス 2年契約

 

2020年には、NIPPO DELKO One Provenceで別府史之と共に走っていたことも。2021年からCofidisで走っていた。

 

レミ・ロシャスのコメント

今後2シーズン、Groupama – FDJサイクリングチームに参加できることをとても嬉しく、とても誇りに思っている。

2022年シーズンは大変だったにもかかわらず、信頼されていると感じており、感謝している。できる限り集団をサポートできるように、一緒に自分自身の最高のものを引き出すことができると確信している。

私にとって魅力的だったのは、ステージレースで現リーダーやトレーニング中のクライマーたちを中心とした彼らのプロジェクトだった。

今後のさまざまなレース、特に山岳地帯で可能な限り彼らに同行することは、私にとってモチベーションを高めるプロジェクトだ。道路が高くなったときに、私の石を建物に運ぶのが私の使命だ。

 

クレモン・ルッソ 2年契約

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Clément Russo(@clementrusso)がシェアした投稿

 

2017年AG2R Citroën Teamのtrainee(研修生)を経て、2018年Team Fortuneo – Samsicでプロデビュー。

2019年にブエルタ・ア・ラ・コムニダ・デ・マドリーでプロ初勝利をしている。

 

クレモン・ルッソのコメント

Groupama – FDJサイクリングチームは、象徴的な監督を擁するチームであり、私はシクロクロスで彼を定期的に見てきた。いつも私を魅了し続けているチームだ。

私は Arkea-Samsicで6年間働いていたが、キャリアを一歩前進させるために、新たな挑戦をする時期が来た。

GMのマーク・マディオの言葉はやる気を起こさせた。自分は特定の分野で優れているわけではないが、全地形対応チームのメンバーだ。クラシックが好きで、バイクに乗るのが機敏なので、順位決定レースが好きだ。

私はスプリンターだけでなく、ランキングリーダーのためにも働いた。毎日、チームを助ける役割を果たせるよう、模範的なチームメンバーになれるように努めている。

Groupama-FDJ には若い世代もいる。もちろん、私も年寄りではありませんが (笑)、ロードキャプテンの役割を担うことができる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました