ロードバイクの情報を発信しています!

石鎚山アタック! コースは綺麗な景観の川沿いコース

チーム朝練その他

三連休ということで、海外旅行に家族で出かけた。

と、いっても我が家の場合の海外は本州を出ることでございます。

娘の所に泊りますが、私はシッピングはご勘弁して貰って一人でサイクリングです!

 

スポンサーリンク

お仲間発見!

目指すは、西日本最高峰といわれている石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)標高1,982mの山です。

当然自転車では、山頂までは上がれないので、ロープウェイの場所から見上げてみることを目標に走り出しました。

途中、道が良く分からないのでiphone様でmapを見ていると、マウンテンバイク風の人がスンゴイ勢いで抜いていきます。

あっ、これはいい、たぶん同じ方向だと思ってすぐに追うことに。

追い付いて、行き先を聞くと途中まで、同じ方向だったので一緒に走ることに。

 

スポンサーリンク

一つ目の峠

すぐに、登り坂になり大汗をかきながら登ると、峠のトンネルに。

 

マウンテンの方は、重量が荷物合わせると20kgあるので流石に登りはきつそう。

めずらしく、私のほうが速いパターン。写真では見えないくらいに後ろに~。

 

スマホでグーグルマップを表示させながら走っておられました。
知らない土地では、それが正解ですね。バッテリーには気を使っていると言われてました。
輪講袋も、あるので結構な重量。ライトも二つつけており万全の対策済み。

 

フラットペダルかと、思っていたらビィンディングになっているとのこと。

 

下りを私が前を引いていると、後ろは離れてしまうので先頭を交代して下ります。

峠道ですが、結構な交通量でやや怖い道だったので、二人で走るのはとても心強かった!

石鎚山曲がりでお別れ

大阪から来られた〇〇さん

  1. 昨日しまなみ海道を渡り
  2. 今日は松山から新居浜まで80キロ走行
  3. 明日、輪行して帰る

とのことでした。やや下りから平地で交代すると、なんと40キロで爆走されていました。

 

大阪では、走れる所がないので追い風で気持ち良く走れて良かったとのことです。
スマホでみながら、道案内して頂いて大変助かりました<(_ _)>
スマホを使いこなしているのに、SNSもラインもされていないということで、一期一会ということになりました。

 

石鎚山アタック!

ロープウェイの場所まで17キロもあるということで覚悟して登り始めましたが、予想したほどの勾配ではないみたい。

4キロほど、登ると分かれ道に看板が。

 

湖の回りを走って行くと、石鎚山ロープウェイのようです。

 

湖は、結構大きくてキレイでした。釣り人やら、ポートで釣りをしている人もチラホラ。

 

登りながらも、川沿いに走るので景色がとても良いです。

 

途中、こんな岩をくり抜いたようなトンネル2箇所。

 

つり橋があったり

 

川の水の綺麗さは、特筆もの!

 

ラスト3キロくらいまでは、勾配はゆるやかでした。私がゆっくり登っていることもあったのかもれませんけど。ようやくロープウェイ乗り場に到着。

 

あまりに急こう配でサイクリングシューズでは、登れずロープウェイ乗り場までたどりつけず。

結局、石鎚山の山頂がどれなのか確認することが出来ませんでした。
今回の目的達成出来ず。
ロープウェイの姿形を拝むこともなかったです(T_T)/~~~

 

登り坂は、まだまだ続いているようなので、どこまで行けるか実験!

しばらく走れるみたいで、分かれ道もありましけど。そちらは凄まじい勾配が見えたのでスル―^^;

 

行ける所まで行った結果は?
砂利道となり終了!
任務完了した気分でした(^◇^)

 

すでに石鎚山の山頂を遥かに越えていたようなので、引き返すことに。

 

ロープウェイの場所までは、バスも出ていて多くの登山客が乗っていた。
途中で追い抜かれたパスです。
スポンサーリンク

石鎚山は

https://yamahack.com/1949

霊験あらたかなる山だそうで、鎖で登る場所は修行僧の方が登る道だとか。

毎年、何人か亡くなられる方がおられるようで、私なんかはバチあたりな人間なので、間違いなく落ちるでしょうね!
だから、ちょつとこちらを登るのは無理かも。う回路もあるし~。
石鎚山 三の鎖
さすがに、垂直なのでダメかもしれん。
まあ、いつかは登ってみたい山の一つです。帰りは、向かい風の中ヒーコラいいながら帰りました。また、行ってみたいコースになりました!

コメント