指示に忠実なE1戦士におっさんら崩壊編

E1戦士独走編 朝練レポート

昨日の戸河内サイクリングの疲れがテンコ盛り森で

なんだか、今日は脚がどうかなあ~

と、言う感じです。

距離は130キロくらいだったのですが、走った時間は6時間。今年最長!

速く走っても、しんどいですが、ゆっくり走ってもしんどいです。

なんでだろう~  ( ゚Д゚y)y !??

下まで降りると、Mさんと

信号待ちで、合流!

本日は、ロングに行かずに昼から

カミサンとデートらしい。家族サービス乙です (੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾

これは、大切ですからね。やっとかないと後から…….

で、二人でアップしていると前からOKTさんと合流。

祇園大橋まで行くとFさんと合流。

今日は、そこそこの人数で楽出来るかなあ~と

思っていたら、自分の足は今日は完全に終わってました。

グループジョイン

可部大橋では、クラブエクシーやリキさんグループとも合流で

大人数に~

匠には、

あぶないから、集団をばらすようアタックをかけれ

はい、わかりました。

アドバイスを忠実に実行する匠は、

本当に信号アタックで、集団崩壊。

指示した本人遅れる

アドバイスした本人も完全崩壊。

まあ、少しずつペースアップだろうと、高をくくっていたら

もう、ゼロ発進の完全スタートアタックでした( ´゚Д゚`)ンマッ!!

いきなりの時速50キロは無理っすね~

ワタシは、そうそうにぶっちぎれて、後ろから来た、

リキさんグループにジョインして柳瀬まで。

大きい身体の人の後ろはめちゃくちゃ楽です。

風の抵抗ほぼゼロですからね。

筒瀬峠途中で、レッグウォーマーとベストを脱いで

集団が来るのを待ってから、皆と共に下ります。

早いペースで、丘手前まで。

アタック坂のアタック指示

広くなった平地から匠がアタックしないので

後ろから

はやくアタックかけれ!

はあはあゼイゼイ…..はい!

と、真後ろから指示

丘手前からのアタックになってしまったので

全員を引き連れて、登ってしまいました。

数人で、先頭交代を繰り返し
フタコブラクダ坂へ

匠のアタックに少し反応が遅れ、着き切れず~

あえなく、さよなら~

休憩は短め

割と、早めの休憩時間で10時少し前には出発!

前で先行する、OKTさんを橋で吸収して下りへ~

後ろから二台、車が来ていたので

先頭まで行って、集団を制止。

狭い道では、車を先に行かせないと危ないですし

まあ、交通ルール遵守でご安全に走るのが一番です。

車通過後に自分からペースアップ!

誰も相手にしてくれないので

ペースダウン。

結構、一人で飛び出すといい感じで走れるのですが、誰か来てくれないと

気持ちが切れてしまって、すぐに疲れがどっと (´д`、)ウウウ

馬坂前では、集団は絞られて

数名で馬坂へ~

ワタシは、左側にスル―しました。

まだまだ、登りフルもがき出来ましぇん (*´;ェ;`)みゅ~・・

最終平地

信号待ちで、電信柱につかまって最後の料理の準備をしている

匠選手。

私も準備はしていたのですが

まあ、まさか最初から全開ではいかんだろう

と、たかをくくってました。

任務に忠実なE1戦士をなめてました。

誰も追いつかず

すると、信号変わってすぐに、全開アタック!

前の二人が追ってくれるのかと思って

他力本願してたら

追わず !Σ(・Д・;)

こりゃ、無理じゃという顔をしてました (゚∇゚ ;)エッ!?

で、私もかなり遅れて全開アタック!!

49キロくらいのペースでしばらく

追っていき

後ろ20mまで迫りました、

そこで終わりました。

後ろを見ても、まえをみても中途半端な状態で

集団にパスされます。すでにシカバネでした (il|´∩Д`。)・・グスン

最後は、OKTさんとランデブーで安芸大橋まで~

昨日の長距離練の疲れなのか

足がなくて、本日はイマイチの出来でした。

またしても、腰痛ハズカム

どうにも、悔しいので

クールダウン区間で匠と

軽いギア回転勝負です!

150mくらいの区間で勝負しました、がっ

出足から負けてました (*´;ェ;`)みゅ~・・

それどころか、全開回転ダッシュは、一気に腰にきてしまい

(>_<)いたたた..

あきまへん。

まだまだフルもがきには身体が万全でないですね!

今後の予定

5月7日には、きらら浜でレースがあるようなので、

それまでには腰を万全にして

フルもがき出来るようにしたいです!

また、来週も沢山苧仲間ライダーが来るといいな ✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする