ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaの期待の若手 フッシャー・ブラックがなんとUAE Team Emiratesに移籍

海外情報
Image by Gerd Altmann from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

噂には聞いていたけれど、Jumbo-Visma Development Team(開発チーム)で活躍していたフッシャー・ブラック19歳がUAE Team Emiratesに移籍の発表だ。

まさか本当に移籍するとは思ってもみなかった。今年だけでも、4回優勝しておりタイムトライヤルも強い。

シーズン途中のワールドチームへの移籍というのも急な感じだ。

 

2024年まで3年契約

UAE Team Emiratesの公式ツイッターでも移籍の発表

 

Jumbo-Vismaの開発チームでいつもまで走っている器ではなかったのかもしれない。十分にエリートで通用する強さを持っている。

2021年シーズンの活躍を見てみると

 

Finn Fisher-Black
2021シーズン主な成績
  • New Zealand Cycle Classic (2.2) Stage1・4優勝 総合2位
  • Gravel and Tar Classic (1.2) 4位
  • National championships New Zealand MU23 – ITT (NC) 優勝
  • Istarsko Proljeće – Istrian Spring Trophy (2.2) 総合優勝
  • Baloise Belgium Tour (2.Pro) 総合4位

 

2021年最初のUCIレースだった、ニュージーランドサイクルクラッシックで総合2位。

 

ニュージーランド選手権U23タイムとイラヤルではエリートの記録よりも速かったのだから、TTの能力はとても高い。

 

バロワーズ・ベルギーツアーでも、総合4位。そして、第2ステージの個人タイムトライヤルではレムコ・エヴェネプール、イブ・ランパールトに続いてav54.634km/hで3位になっている。

これほどの実力があり、19歳ということ考えると将来的にチームの主力となるのは間違いないライダーだった。

 

資金力の差か

それが、シーズン途中からUAE Team Emiratesに移籍なのだから、提示された契約金額がTeam Jumbo-Vismaの金額を大きく上回ったのではないだろうか。

現在のTeam Jumbo-Vismaの年間予算額はわからない。だが、2019年ではワールドチームで2番目に低い予算だった。

 

2年たった現在の予算額はわからないが、UAE Team Emiratesよりは低いのは確実だろう。2021年のライダーの年俸によると、ワウト・ファンアールトには、230万ユーロ(約2億8千万円)支払っている。

そして、プリモッシュ・ログリッチには、200万ユーロ(約2億6千万円)。二人の年俸は2022年には更に上がる。

そして、ツール・ド・フランス総合2位となったヨナス・ヴィンゲコーも大きく2022年には年俸があがるはずだ。

これらは、自分の勝手な想像だけど将来性のあるフッシャー・ブラックに対してJumbo-Vismaは、3年先までの契約の保証というのが提示出来なかったというのが真相かもしれない。

いずれにしていも、Jumbo-Vismaはチームの主力となるであうろライダーを失ったのは間違いない。逆に、UAE Team Emiratesは若い選手の長期契約を次々に発表。将来を見据えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました