ロードバイクの情報を発信しています!

ティレーノ・アドリアテッコでまたも中央道路標識にぶつかる衝撃的な落車が発生

海外情報
Image by Petra Šolajová from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ティレーノ・アドリアテッコ第6ステージで、またも中央分離帯の道路標識にぶつかる事故が発生した。

ラスト58kmで発生した事故では、シモン・カー(EF Education – Nippo)がボールにぶつかっている。

 

その時の状況が以下のツイッターでわかるが、まさに横に1回転してふっとんでしまった。

 

これは大けがだろうと思っていた。担架も用意されており、救急車で病院直行だと思ったのだけど。

なんと、シモン・カーは立ち上がっている。しかも、普通に走り出してしまった。

良く見てみると、中央分離帯のブロックに当たってから、ポールにぶつかったようだ。うまく着地とていうか、落ちたのでケガが少なかったのかな。

 

本人も同じ動画をインスタグラムに投稿。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SIMON CARR 🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿🇫🇷(@scarr.98)がシェアした投稿

 

テレビで事故を見たと言って問い合わせてくれた皆さん、ありがとうございます。

時速45kmで標識に突っ込んでいく人たちを見るのが好きな人は、左にスワイプすると見られるよ🙈。

右脇腹を少し痛めてしまったので、明日は意図していたような良いTTをすることはできない。でも、あの事故を見て、比較的無事にバイクに戻ってこれたことを嬉しく思います🙏。

とコメントしている。

警備員を一人立たせて、黄色い旗を振っていれば起きなかった事故ですけど、こればっかりは予算の関係もあるしねえ~。

シモン・カーは、12分1秒遅れの162位でゴール。ここまで第4ステージの登りゴールで8位に入っており、総合22位と活躍していたのに少し残念。

総合は41位まで落ちてしまった。無事に走れているのが奇跡のようだけど、大事がなくて良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました