ロードバイクの情報を発信しています!

リチャル・カラパスは1000km自転車移動で飛行場まで行かなくてよいことに

海外情報
photo Richard Carapaz instagram
この記事は約3分で読めます。

リチャル・カラパスとヨナタン・ナルバエス(チームイネオス)のエクアドルコンビは欧州帰還のために、コロンビアまで自転車と車で1,000kmの移動をする予定だった。

 

だが、この1,000キロ移動の計画はなくなった。スペイン政府が、海外からのプロアスリートの入国を許可したためだ。

 

スポンサーリンク

スペインのマドリードに直行

photo Richard Carapaz instagram

リチャル・カラパスとヨナタン・ナルバエスは、コロンビアからフライトしてヨーロッパに帰る予定だった。

そのためには、エクアドルからコロンビアの首都ボコタまで1,000キロの道のりを移動しなければならない。

コンディションを落とさないために、自転車と車を併用して1日かけて移動する予定だったが、これも大変なこと。

 

結局、スペイン政府が海外からのプロアスリートを受け入れることが認められたため、エクアドルの首都キトからスペインのマドリードに向けて直接行けることになった。

スペイン政府は、7月4日午前0時から観光客・ビジネス客の入国受け入れを再開している。

受け入れ対象者は、国籍ベースではなく居住ベースで決定される。カラパスとナルバエスの二人はピザを持っているので入国はOKだ。

ヨナタン・ナルバエスもジロのメンバーに選出されており、二人はジロ・デ・イタリアという共通の目標に向かって走り出せることになった。

 

ジロ・デ・イタリアのメンバー

チームイネオスのジロ・デ・イタリアのメンバーだが、徐々に埋まっている。

  1. リチャル・カラパス
  2. フィリッポ・ガンナ
  3. サルバトーレ・プッチョ
  4. ヨナタン・ナルバエス
  5. エディ・ダンパー
  6. セバスチャン・ヘナオ

メンバーの名前の中にローハン・テニスの名前がない。ジロ・デ・イタリアのタイムトライヤルを狙うと言っていが、ローハン・デニスは出ないのだろうか?

 

ジロのスタートは10月3日なので、世界選手権に出てからでも十分間に合うと思うのだけれども出ないのかな?   まあ、それは置いておこう。

 

リチャル・カラパスとヨナタン・ナルバエスにとっての第1の目標はヨーロッパに帰着すること。フライトは7月15日が予定されている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました